FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ザッツヘタコイタ

昨夜は名駅にクルマを置いて帰ったので、今日はとりあえず電車で名古屋に出ねば。
「めんどうくさいなー」と思っていたら、通りすがりに我が家にウンコをしに来たドラマーがおりまして。
タイミングよく、名古屋まで乗せてもらえることになりました。

部屋を出るときに、足を突っかけてすっころぶ。
最近、ここでよく転ぶ。

名古屋で降ろしてもらって手を振って別れた後、クルマのカギを持っていないことに気付く。

5分間うろたえて、クルマの周りをウロウロしたあと、家人にカギを持ってきてもらう段取りをした。でも、新しくライブをやらせてもらえそうなお店の下見に行く予定をキャンセルしなければいけなかった。まるっきりドジでした。。。

それから港区へクルマでレッスンにいって、また名駅に帰ってきて、来年のファッションショーの打ち合わせ。
ミュージシャンのステージ衣装を見せるという企画があるんですが、実際にミュージシャンの意見を聞いていると、とてもとても面白い。

これから衣装を見る観点が変わってきますね。

「右腕は、こう動くから、ここはゆとりを持たせて」とか、「楽器を構えると常に右腕が上がってるから、右腕の袖を長く」とか「座った状態で綺麗に見えるように」とか。いろいろ苦労があるようです。話を聞いていると、左右対称な衣装というのは、どうやら管楽器、弦楽器奏者の衣装としてはあり得ないようです。

ぼくは、黒スーツなんかを着るとやっぱり右手が突っ張るんですが、それをパシッと払いのけるような仕草を入れてから楽器を構えるのが「格好良いかな」と思ってるんだけど、まあ、そういうのは、外から見るとどうでも良いんだろうな。
  1. 2007/12/07(金) 00:20:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コメント

いや、どうでも良くはないと思います。
その仕草はすでに演奏の1部であると思います。
  1. 2007/12/09(日) 01:01:58 |
  2. URL |
  3. 主婦 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/977-39b05c5f