FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

COTAN5周年記念春のあしびなー音楽祭

お世話になっているライブハウス、COTANが5周年ですって。

どのように関りが始まったのか、過去の記録を調べてみたら、オーナーのアキさんの親書を携えた特使(当時、バイトのうっちー)がチューバマンショーのライブにやってきて「うちでライブを」という風に依頼をくれたのでした。ああ、そんなことすっかり忘れていたなあ。

そんなめでたい日。とても天気が良く。地下鉄の駅から会場の千種座まで歩くのに日焼けしてしまったよ。
開場に入ると、すでにわちゃわちゃ。それもそのはず、今日の出演は、エイサーチーム、三味線ソロ、沖縄からくるしゃかりさん、そして琉球ポリゴンの四団体、総勢30名ほど。楽屋もわちゃわちゃで、落ち着ける場所探しから始まりました。

これだけ多数の出演者があると、リハーサルもわちゃわちゃですが、早めに終わりましたね。
ロビーでは物販コーナーが出されましたが、数々の沖縄の食品。ランチョンミートや、島ラッキョウ、そして、照喜名そばまで!

ああ、これはヘンテコで面白い。
本番始まり、満員のお客さん。
エイサーチーム、ステージ脇からみてましたが、腹から声が出てますね。すごい。太鼓というのは、どこでどんな人たちに出会ってもかなわないな。
そしてしゃかりさん。伸びのある歌声に吸い寄せられて、客席で気持ちよく聴いていました。なんだかとても良いものを全身で浴びました。
三味線の若者は、客席から掛け声がバンバン飛んできていて「あ、これはまた違うジャンルのステージなんだなあ。それぞれのやり方があっておもろいなあ」なんて思ってました。
そして、琉球ポリゴン。他の出演者とのコラボ含め、様々な色を見せられましたねえ。奥村さんのアレンジすごい。

最後は、出演者全員でのステージ。喜んでもらえたようで良かった良かった。

父が、クルマで見に来てくれていて終演後に「楽器積んで帰ろうか?」との申し出あり。二つ返事でお願いしました。

楽器をもったまま打ち上げにでて、電車で帰るのと、手ぶらなのとでは、気分が違うのです。

泡盛メインの打ち上げ、大いに盛り上がりました。

  1. 2018/04/21(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4712-1bce0a61