GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

Multty

斉藤タクくんのグループが名古屋にやってきました。
めでたいです。
ベースの吉峯くんも、テキサスで随分と遊びました。

バンドにゲストとして呼んでいただきました。
ケニーズでのライブ、地元の民として、盛大にお迎えしないといけないです。

本当は電車で行きたかったのだけど、どうしても楽器を二本持って行きたくて、クルマにしました。
会場のケニーズの前にハザードランプをつけてクルマをとめて、ちょこっとクルマを離れて楽器を搬入したりして、雨の中、ホテルに歩いてチェックインしにいくというメンバーをクルマで送ることにしました。

なにせ、歓迎ですから。
メンバークルマに乗せますり

キー回します。
エンジンかかりません。

キー回します。
エンジンかかりません。

キー回し。

どうやらアウトです。
クルマのトラブルです。

結局、メンバーさん、歩いてホテルまで行ってもらい。

保険のロードサービスに連絡します。症状をあれやこれや伝えます。
クルマには、明日のお仕事で使う、チューバやらカホンやらが積んであります。このクルマで、中部国際空港から大分へ行くのです。

クルマをレッカーするなら。
代車を借りるなら。
など、いろいろなことか頭をよぎります。

救助車到着しました。
「バッテリーあがりですね」と言われ。「ああ、そうなのか」と。電話口では、バッテリーがどうのこうのとか言っていないのだけどなあ。

近代のクルマでバッテリーあがり起こしたの初めてだな。こんな風になるんだな。しかし、恥ずかしいな。

「2時間くらい、エンジンかけておいてください」と言われるも、今からライブなのでそれもできず。

最寄りのガソリンスタンドで、バッテリー交換してもらうことに。開演にはギリギリ間に合うでしょう。

タクくんには「今日のゲストはクルマのトラブルで到着が遅れています」とアナウンスしてもらうことにしようか。いやー。それもどうだろうか。


結局、バッテリー交換はすぐに済んでことなきを得ましたが、肝を冷やしました。

タクくんのグループの演奏は、素晴らしく、お客さんとして聞いている時間がサイコーでした。みんなきれいな音。うれしい。3曲ほど演奏させてもらいました。

思い出すのは、テキサスの我が家(下宿)でのセッション、飲み会、お友達。

本当は夜通し語り合いたかったのだけれど、そうもいかず。

  1. 2017/03/31(金) 19:51:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4386-a270e780