GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

Yazako Band コンサート

とうとうやって参りました、久しぶりのクラシックのコンサート。
打ち上げをしっかりと楽しめるよう、朝から電車移動です。
おっとアブナイ。ギリギリ、通勤電車を回避したようです。

大学の恩師が編曲した楽譜を、当時学生だったメンバーで演奏するという、このコンサート。
当時、迷惑をかけっぱなしだったぼくは「誰にも迷惑をかけない!」というのを一つの約束にしておりましたが、自分が会場に着く予定にしていた15分前から、ミーティングが始まるという連絡が入り、電車を飛び降りて(飛び降りてないですよ)タクシーに飛び乗って(飛び乗ってないですよ)会場に滑り込みました。アブナイアブナイ。

昨日までリハーサルを重ねてきた面々の他に、今日、遠方から楽器を持ってかけつけた同窓生がたくさんおりました。喜びを伝えあいます。

午前中のリハーサルは、地元の中学生さんとの共演部分のリハーサルや段取りの確認となり、自分たちの演奏のチェックはナシ。うん。自分たちはもういいのいいの。

本番始まりたくさんのお客さんの前での演奏が始まりました。
あまり細かいことは言わないけど、ウィンクしあったり、微笑みあったり、たまにふざけたりと、そんな時間でした。自分でも今までそうやって音楽をしてきたつもりなんだけどなあ。まだまだだったんだなあ。暖かい雰囲気に包み込まれた中で、延び延びと遊びました。

終演後、お客さんとして聴きに来てくれていた同級生に「なんだ!あの頃よりも深みがある音してるじゃないか。」なんてこと言われて涙が出そうになったり。
そして打ち上げへ突入。
「いつ、先生のスピーチが始まるんだろう」とドキドキしていたら、最後までそんなもの有りませんでした。そんなところも先生流。ぼくもこういう風がいいな。
  1. 2016/12/11(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4295-7340dc0c