GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

TubamanShow@NABEO

日本アマチュアアンサンブル協会というのがあり、毎年、イベントをやっているということを知ったのは一昨年の熊本。その会長さんから出演依頼をいただきました。

雨の中、フライトケースを引っ張って、6時前の電車で出発。雨の中部国際空港を出て、雨の羽田空港へ。

飛行機の中ではいずれの便でもずっと寝ていたのだけど、庄内空港に着いてみると、ウソのような日本晴れ。
太平洋側が雨で、日本海側が晴れってなんかおかしいな。

庄内空港のロビーに到着。
アンサンブル協会の会員とみられる方が次々に楽器を持って現れる中、人が少なくなるまで潜んでいました。だって、フライトケースに「TubamanShow」って書いてあるんですもの。目立ちすぎ。

お迎えに来てくださった、役場のクルマに乗り込んで、先に中にいた女性に「照喜名と申します。」とかご挨拶したら、「え?照喜名くん?」とその女性。なんと、大学の先輩でした。当時から売れっ子の大作曲家。そうですか!こんなところで、作曲家の大先輩と出会うなんて!同じお仕事にお呼ばれするなんて!大感激でした。

会場に到着すると、チューバマンが既に到着してます。会場の様子を見ると、何もかも手作りのイベントで、ゆる~い雰囲気です。
芝生の広場では、何やらパイプ椅子が並べられていて、そこには「チューバマンショー」の旗が。




本番時間になり、打ち合わせなくコンサートスタート。
「この壁の陰から登場しましょうよ!チューバマン!」とか大慌てで決めながら始まりました。

思いっきり西陽に向かっての客席を、ほのぼのとした雰囲気の中、お客さんに協力してもらって、角度を変えて、日陰に大移動して。かなり楽しい状況です。

チューバマンショーの演奏終えて、上野の森ブラスの演奏を聴いて、交流会スタート。
ところがですねえ。わたし、チューバマンショーとして呼んでいただいてるじゃないですか。で、チューバマンショーのステージ見ていただいたじゃないですか。マネージャーの状態だと、立食パーティーでは、誰にも気づいてもらえないことがわかりました。

宿に移動しましたら、宿泊客は、参加者のみ。
なんと、ホテルのロビーにて大宴会になりました。
  1. 2016/10/01(土) 14:45:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4235-20c9a86c