GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

夏のポリゴン楽団ライブから

毎年、たかさんの方が楽しみにしてくれてます、ポリゴン楽団の夏の公演。

朝イチに会場入りして、びっくり。カフェがジャングルみたいになってます。プロデューサーじゅんこさんが、岐阜の山から採ってきた木々だそうです。すげーなーこりゃ。

手際よく会場が作られていき、バンドはリハーサルをし、料理やら飲み物やら雑貨の屋台ができ。
今回、沖縄がテーマだということで、沖縄料理の出店がありましたが、お店の人にプロデューサーさんから「この人、照喜名さんです。親戚が照喜名製麺所です」と紹介されたのだけど、ミュージシャンとは一言もなかったなあ。

こな夏の公演、これまでは、お子ちゃま向け、地べたに座ってもらって童謡を中心にした内容の短い公演を1日に2本行ってましたが、今回は、ただいまノッております、沖縄民謡を題材にした、琉球ポリゴンバージョンでがっつりと2時間です。
赤ちゃんや小さい子もたくさん来てました。今回は子どもの曲有りませんでしたが、いいのいいの。子どもに楽しんでもらうって選曲じゃないの。大人相手と一緒。

本番を終えて、お店を出て、サックス瀬利くんと2人でこんどはプライベートなパーティでの演奏のお仕事へ。
もう何度かやらせていただいていて、いつも美味しいワインたらふく呑ませていただいてます。

今回は、ずっといろんなところでお世話になってきた先輩ミュージシャンでありますところの、ギタリスト臼井さんも加わって3人で。3人まとめて、みなさんに受け入れてもらって、無茶振りみたいなお題も出されてそれを3人がかりで超えて行ってと、パーティの演奏というよりは、がっつりライブでした。

名古屋では一般的でないのに、西尾張地区には、代行運転業者さんがいるのですよ。
わたくし、いつの間にかお得意さんになってました。

その帰りのクルマの中で臼井さんと久しぶりにゆっくり話をして。これまでのこと、これからのこと。音楽のこと。この時間の嬉しかったこと。
  1. 2016/08/19(金) 12:29:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4193-f633eeb7