GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

感動の!

朝起きて舞鶴の宿。
朝食会場に行ってみたらば、温泉卵があるじゃないですか。4つカウンターに並んでいるうちの2つをゲットして、一人朝ごはん食べていたら、チューバマン登場、残りの2つを持って隣のテーブルにきました。2人で温泉卵食べ尽くしちゃったら、さらに2つ追加されたので、それも食べました。それと同じようなことがグレープフルーツでも起きました。ははは。

舞鶴のお隣の街で開催される、この地域の高校の音楽系の部活の発表会に、チューバマンショーをゲストとして呼んでいただきました。800人ほどの音楽ホールにて。

会場に入って、サウンドチェックをするのですが、なんとこの時から出演の高校生さんが客席で目をキラキラさせて見学してるのです。で、私たちはといえば、リハーサルなんて不要なので、適当にマイクのチェックだけするつもりでいたのです。

ろくに音も出さないのに、目の前に目を輝かせた高校生さんがいるわけで、なんとなく話しかけておりました。
「わたしたちは、マネージャーで本番にはチューバマンショーの2人がやってきます」とか、「みんな、ケータイ持ってて良い学校ですか?手元にあるんだったら、写真とか撮っていいですよ。」とか。

で、その流れで「ユーフォとかチューバの生徒さん、よかったらステージ上がってきませんか?写真一緒に写ったりしませんか?」と誘ったところ、嬉しそうに15人ほどの生徒さんが上がってきてくれたのです。

でさらにその流れで「じゃあ、今から曲吹くのでこうやって踊ってみてね」とか言って、適当な振り付け見せて、曲を演奏して。それが何となく楽しかったので「あ!じゃあ、本番でも皆さん呼び込むから、踊ってくださいね」ということになったのです。なってしまったのです。話の流れで。

さらにぼくは調子に乗って「じゃあサビの部分はステップ変えてね。まさか、ポンポンとか持ってたりしたら楽しいよね!」とかテキトーなこと言って、まあ、ワイワイ言いながらリハーサル終えたのです。

楽屋に帰ると先に楽屋にいたチューバマンが「ねえ、これ見て。なんかやってるよ。」と楽屋のモニターを指差す。

そこには、ロビーで振り付けを練習している一団の姿が。(音楽ホールの楽屋のモニターは、会場によりステージ脇や受付やロビーの様子が見れたりするところもある)

「あれま!練習してますね!」なんて言いながら、外へごはんを食べに出て、しばらくして、会場に帰ってきたら、向こうの方で、まだ練習している一団が!

「あんれま!まだやってる!!」なんて言ってたのです。

発表会本編始まり、お琴やアカペラ、そして吹奏楽部と皆さんの演奏を楽しませていただきました。

そして、チューバマンショーのステージへ。本編無事に終わり、いよいよ、アンコールで生徒さんをステージに呼び込みましたらば、皆さん、なんとポンポン持ってるじゃないですか。てか、リハーサルのときの人数の倍になってるじゃないですか。

演奏始めたら、ステップバッチリ揃ってるじゃないですか。ステップにバリエーションついてるじゃないですか!
もう、演奏しながら、感動感激してしまった。

自分たちの本番のこともあったろうに、この短時間でよくぞ、ぶっ込んできてくれました。

普段から、どこかで呼んでいただいたときは、ただ演奏して帰るのではなく、なるべく皆さんと触れ合って仲良くなりたいと思っているのだけど、こちらから近づく以上のことを皆さんがやってくれて。

本番後は、生徒さんに感謝の意を伝えて回って。
嬉しいなあ。

皆さんに手を振って会場を後にして、今度は京都市内まで出て、打ち上げへとなだれ込んだのです。

  1. 2016/06/19(日) 23:06:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4138-1851e622