GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ヤパルカン&東海道スモッグブラス

久々の東海道スモッグブラスですが、あまりそんな感じがしないのは、ライブがなくても、秋のレコーディングに向けて作業が着々と進んでいるため。物事が順序立ててきちんと進んでいくっちゅうのは気持ちが良いことです。

会場入りしてメンバーと再会して、レコーディングを前提とした新しいアレンジの楽譜をもらって。
本日のメインバンドのヤパルカンさんが東京からやってきて。

ヤパルカンさんのリハ最中にスモッグブラスは、お店の前の路上で楽譜とスケジュール帖を突き合わせて打ち合わせ。スモッグブラスにしてはずいぶんと長い間、打ち合わせとリハーサルをやりました。
ライブ始まり、たくさんのお客さんの前でブリブリと。それでいて、レコーディングのことも考えながら。わたしたち、こういうこともできるようになったのねえ。器用になったのねえ。

ヤパルカンさんのライブ始まり、いろいろと疑問に思っていたことが氷解。バルカン音楽だそうです。初めて聞きましたが。リーダーのにっしーは、別のバンドでご一緒させてもらったことがあるのだけど「この人の演奏には、今までに聞いたことのないスタイルだなあ」なんて思っていたのですが、その原因がずいぶんと昔からバルカン音楽に傾倒していたからということでした。「世の中にはいろんな音楽があって、どんな音楽にもハマるひとというのは居るもんだなあ」というのは常々思っていましたが、バルカン音楽というのは初めてだ。

人の音楽スタイルがどうやって構築されていったかというのは、聞いて楽しい、見て面白い。
  1. 2016/06/04(土) 22:31:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4125-7b48b6c8