GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

きっとどこでも

きっとそこら中の家庭で行われていることだと思うのですが「実家のパソコンの面倒をみる」ということをここ数日やっています。
「動作の重かったXPのパソコンがついに動かなくなった」ということで。
うちの事情がちょっと特殊なのが、両親とも音楽の仕事をしていてパソコンで楽譜書いたり、チラシ作ったりしているということです。

動かなくなった巨大なパソコンはもうバイバイ。新しいパソコンを手配しました。中古で。
両親の偉いところは、外付けハードディスクにきちんとバックアップとっていること。
この点では、ぼくよりよっぽど几帳面で感心してます。

この古いパソコンにくっついて働いていた鍵盤やら、クリエイティブ系のソフトってもう涙が出ますよ。

これまでに何度もトラブルを引き起こしていた、その原因のMIDIの機器たち。(設定がややこしい)
インとかアウトとかスルーとかもう無いですよ。鍵盤の電源アダプターも愛おしいけどいまや、USB一本ですよ。(あるかも知れないけど)
キーボードの差込口も「あーそういえば、USBになる前ってこんなだった!」と。

アメリカにいて98だのmeだの言ってた頃を懐かしく思い出しました。

「My CPU should be faster than my nextdoor friend」「自分のパソコンのCPUは隣の部屋の友達より速くないといけない」というジョークがありました。

ゲームとか映像やってる人ならきっとパソコンの速さとかまだこだわるんでしょうけど、もうパソコン買うのに、スペックとか見ないもんなあ。

パソコンが新しくなって、(自分が使っているパソコンよりも)OSも新しくなって、使えない機器やらソフトやらがたくさんあって。

自分が使い慣れていないOSで、10年も15年も前のソフトを入れるのって、まー大変。

それでも「これは将来の自分の姿なのだ」と言い聞かせ、進まないインストール画面を見るのでした。
  1. 2016/04/24(日) 21:38:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4087-8f56b6b0