GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

YEP-321ミーティングin東京

大阪、名古屋、東京ツアーといっても自宅で寝てます最終日の朝。

JR高速バスで東京を目指します。新東名が名古屋側に新しく伸びているはずなんだけど、バスに乗った瞬間に寝てしまい新しい道路見れず。

バスは順調に。。。進まず。。。東京に入ってからノロノロ運転。用賀手前では完全にストップしてしまいました。
「首都高渋滞のため、お急ぎの方は用賀から電車乗り換えのチケットを100円で販売しています」との車内アナウンス。

そんなんあるんですね。初めて。まだまだ時間には余裕があるものの、いつ到着するかわからないバスにずっと乗って気を揉むのもアレなのと、その電車乗り換え大冒険が魅力的だったので、電車移動にしました。

増くんが「○○の最寄り駅が用賀だったので」と急にキリッとした顔つきになって駅まで案内してくれました。
電車移動で会場に到着。

本日のゲスト、新井さんは他の本番をやってからの参戦。ということはメインの楽器を持っているということで、YEP-321はお弟子さんが会場に運んでくるという段取りでしたが、そのお弟子さんというのが、高校生の頃、ぼくが教えていて、その後東京の大学に行ったという人でした。まさかの再会、嬉しかったなあ。昨日卒業式だったということで、感慨深くなってしまいました。

ゲストの新井さんにご挨拶。由緒正しいクラシックの達人ですが、即興演奏もバリバリとこなす人、さらに、放っておいても情報が目に留まる。ということは、演奏の機会を自分で作って発信している攻めの人ということにもなります。増くんの紹介で初めてご一緒させていただきます。

前半は、やはり私たち二人での演奏。3日連続でメガネがずり下がります。
そして休憩の間に予期せぬイベントが。

YAMAHAのエンジニアさんが、カスタムパーツを持ってやってきてくれました。
じゃじゃーん!低音域の補正(半音下げ)ができるようになりました。
昔は、この純正のパーツは販売されていたそうなのですが、今はありません。
改良型の試作品ということで、やはり販売の予定は今のところ無いそうです。

ライブの最中に楽器がアップグレードされるという、今までに経験したことのないことが起こり、テンションアゲアゲで、後半戦へ突入。新井さんも加わり、さらに熱を帯びました。今日の楽器3本。型番は同じですが、みなカスタムが施してあり、まさに三者三様。性格の違い、演奏スタイルの違いもそうだけども、単純に音色の違いなんかも楽しんでいただけたのではないかと思います。

初めて共演させていただいた新井さん「ちょっかい出していいかな。どうかな。いっちゃえ!」と突撃していったら、突撃し返してくれました。もちろん増君も突撃しております。わやくちゃになって終了しました。

そして会場で乾杯!お店の方から、あたたかいアドバイスいただいたり。
からのお客さん交えての打ち上げへ。

宿に帰ってバタンキューでした。お世話になりました皆様、ありがとうございました。
  1. 2016/03/20(日) 11:41:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4056-0b57fd23