GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレロマンギャルド東北アンギャ

本日は、夕方までに石巻市に移動して、夜のライブ。

ゆっくりといろんな所を回りました。


高台にあるラーメン屋さん。大将にはいろんな形で応援いただいてお世話になってます。


波が打ち寄せると穴から潮が噴き出す海岸。


できた当時には、お客さんを呼び込む為の演奏をしました。復興商店街。

道を挟んだ反対側の盛り土の上に移転。もとあった所も盛り土がされ、そちらに本格的な商店街が作られるそうで。来年はそれが見れるのかな?



南三陸の防災庁舎。


周りがこんなにかさ上げされてました。
商店街で、大漁旗ハンチングを物色。


一年に一度か二度という頻度で全体的に、震災の爪痕とかそういうものを目にすることが少なくなってきたというか、より、前向きなものばかり見るようになってきたような印象です。

さて、石巻市へ移動してライブ会場のラ・ストラーダへ入る。編成がびみょーに違うのでしっかりリハーサル。気がついたら開演時間30分前。2年前は、ご飯食べるお店がほとんど無く、スナック?のようなお店ばかりでしたが、今回は選択肢たくさん。若者たくさん。

オープニングアクトを勤めてくださったのは和太鼓の四倉由公彦+神山正行さん。迫力に口あんぐりでした。
客席には、お世話になっている方たくさん。一年に一度か二度しかお会いできませんが、一緒に長い時間を過ごしてきました。初参加のダンサーmasamiさんもよかった。

アンコールいただきまして、リーダー瀬戸さん、四倉由公彦+神山正行さんに、突然の共演の申し入れ。「そうそう、そうこなくっちや」と言う内心「瀬戸さんの曲、変拍子なんですけど」さらに「うんでもこの人たち、そういうんじゃない」とも思いました。

結果、バキーン!とぶっこんできました。集中力の塊みたいな、殺気のようなものすら感じ。ぞわぞわっと寒気がするくらい。

打ち上げ開始前に後ろ髪引かれつつ会場を後に。楽器は置いたまま。ポーチ一つで身軽な移動です。

22:26石巻→23:45仙台(JR)
23:58仙台→5:13東京八重洲(深夜バス)
5:27東京→6:02羽田空港(JR&モノレール)
6:25羽田→8:20博多(ANA)
9:04博多→9:40新山口(新幹線)

さあ、行ってきます。


  1. 2016/03/12(土) 18:53:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4048-ea7505f1