GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレロマンギャルド東北アンギャ

ファンファーレロマンギャルド、本日のミッションは3つ。

まず、奇跡の一本松のある陸前高田市へ。初めて東北に来た時から毎年お世話になっている、たこ漁師さんの奥さんに会いに漁師さんのほうは、他の用事がありお忙しいとかで。それでも奥様だけ時間を作ってくれました。待ち合わせ場所で抱き合って再会を喜び。「また来年ね。」と。それだけのことですが、一年に一度でも顔を見たい人がいるというのは幸せなことです。

陸前高田市、盛り土がすごいことになってます。山が1つ無くなり、土砂を運ぶベルトコンベアも撤去が始まってました。

そして仙台市内を見下ろす山の上での演奏。
これも、毎年、楽しみにしてくれている人が増えました。今年は暖かかったからか、特に人が多かったのですが「あれま、ほとんどみんな知り合いだがね。」と。

いろんなところで、お土産の買い物しながら移動して、夕方に復興集合住宅というところへ。

ででーん!と立派なマンションが建っています。つまり、今まで仮説住宅に住んでいた人たちが、ずーっと住むことができる公設の住宅が完成したのです。
これはまだ建設中のもの。


ずーっと仮説住宅周りをしてきましたが、これにはジーンときました。

集合住宅のコミュニティエリアでのミニライブ。
もりもりに盛り上がり、演奏後に2人のおじいさんに声をかけていただきました。実は、楽器を持っていないと、姿が見いないと言われているぼくには、これだけで珍しいことなのです。

お一方は「昔、あなたのやってる楽器、やってたんだ」と言われ「あ、ぼくじゃなくて、トロンボーンですか?」「いや、あなたの。」「え!?ぼくじゃなくて、クラリネットですか?」と、「ユーフォが認知されているはずはない」とどこまでも卑屈なわたしですが、「いやあなたのユーフォ、なんだっけ?」と言われました。

もうお一方は「孫娘がユーフォをやっている」ということで、これは疑いようもなく、ぼくの吹いてた楽器のことで、嬉しく話に華が咲きました。

気仙沼市内で温泉に入り、宿に帰りました。
  1. 2016/03/11(金) 22:21:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4047-18f0cb6a