GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

CJOパート練習からコンサート

午前中にCJOパート練習。
毎日10キロ自転車つ通っていた高校の近くの練習スタジオで、「わーい、あの辺りに行くの久しぶり!楽しみー!」と思っていたのですが、現場に着くなり「ここ、うちから5分なんすよ!」というハイテンションのメンバーがいて、その勢いに負ける。

充実したパート練習、楽しくやりました。

夕方から、ビシッとキメて出発。隣町の蟹江町にてコンサートです。ピアニスト奥村俊彦さんとのデュオ。

ぼくが中学生の頃、吹奏楽に力を入れていた学校というのに美和中、神守中、蟹江中の3つがありました。ぼくは美和中ですが。

張り合うというよりは、お互いに高め合うという感じで、合同練習したり、合同のコンサートを開いたりと、とても仲の良い関係でした。その蟹江中の先生が退官して、まだ地元の音楽を、盛り上げようとモリモリ頑張っていらっしゃるのですが、その活動の一環が、今回のコンサートシリーズなのです。

地元の皆に愛されている、名物先生に、こうして声をかけていただいたというのは、大変光栄なことで嬉しいのです。


会場は、結婚式場のホール。

先生や会場の方とワイワイ言いながら、ピアノの位置決めしたり。
披露宴の丸テーブルが客席にあり、なんだか普段とは違う雰囲気にテンション上がりっぱなしです。

1時間の短いコンサート。奥村さんの童謡アレンジ、自分のオリジナル曲を中心にやりましたが、先生への感謝の気持ちも込めて、吹奏楽バージョンの宝島をピアノ伴奏で演奏したりもしました。

ぼくの中学の恩師も客席にいたり、地元のユーフォ奏者さんやカイロプラクティックの先生なんかも来てくださってとてもとても嬉しかったのです。街の音楽屋さんになりたいという気持ちは変わらず持ち続けておりまして。こういう機会いただけてとても嬉しいのと同時に、自分でももっとこういう場を作らなきゃな。と思ったのでした。

コンサートホール借りてコンチェルトでなく、ちょっとその辺で、皆に聴いてもらえる音楽を。



  1. 2016/02/19(金) 11:56:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4027-35a01d5c