GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

バストロンボーン回収から京都

朝方、家をクルマで出まして、トコトコと下道で大阪まで。

先月、ビッグバンドのお仕事とCHIZの関西公演があった時に、バストロンボーンを大阪のショップに修理に出してきました。

今まで、普通に吹いていたのですが、どうもスライドと本体の辺りの角度がおかしく、スタンドに立ててみると、本体が傾いでいるのです。吹けることな吹けるのですが、楽器本来の状態でないということで、修理してもらってました。どう見てもややこしそうな修理なので、ある程度の専門店にと思い大阪で修理に出しました。

きちんと診てもらった結果、「複雑骨折でなく、一箇所単純な大骨折だったので作業としては、思い切った修理ができました」と。帰宅して吹くのが楽しみだー。

ところが、今日はこれで帰宅でなく、夕方までに京都に入るのです。JEUGIAさんである、ユーフォニアム奏者志津さんのユーフォニアムカルテットのコンサート見に行くのです。

京都市内に入ったら、まあ、えらい渋滞だこと。コインパーキングは、えらい高いこと。「京都にはクルマで来るまい」と改めて思ったのです。

コンサートの開演時間ギリギリで会場に着きました。一番後ろの席に。うーん、何度もチューバマンショーでもライブやらせていただいておりますが、お客さんは知らない顔がほとんど。まだまだだなあ。ユーフォニアムカルテットのコンサート始まりましたが、困ったことに、誰の顔も見えません。ユーフォ4人だとこうなるのね。コンサート自体は、トーク満載、ジュピターの新製品が出てきたり、昼間にアンサンブルのワークショップがあって、その発表があったり(これがとても楽しい演奏でした)、後半は顔が見えずとも、音質や唄い方で大体判別できるようになりました。アンコールには、自分のアレンジ使ってもらったりして。

終演後は、高速使って帰宅。丸一日がかりの関西旅行でした。
  1. 2016/02/13(土) 18:20:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/4021-4940e789