GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

チューバマンショー東海ツアー3/3

朝起きてまだ浜松。

16時までに松坂に入れば良いので、チンタラ下道を走り、豊橋市で豊橋カレーうどん。特に何がどうこうというわけではないのだけど、びっくり箱みたいなもんですわ。豊橋カレーうどん。ぼくは体験済みなので、未体験のチューバマンに、見せたかっただけ。

その後、滅多に使うことの無い伊勢湾岸道で、我が家のある愛知県西部をすっ飛ばし、一気に松坂へ。

大爆笑の昭和のビジネスホテルにチェックインして、松坂の名物焼肉屋へ行ってみるも、その値段とシステムにビビってスタコラ退散。おとなしく、会場の日本料理屋さんh(アッカと読む)へ入る。



今回のチューバマンショーライブは、前半、ディナーショーとしてのミニライブで、コース料理の終盤にチューバマンショーが出てきます。

そして、休憩を挟んで、新たなお客さんも加えて、さらに2ステージ。そして、何よりもチューバマンショーマスクのデザイナーさんが松坂在住なのです。チューバマンショーマスク原画展も併設してもらいました。

こういう展開も初めてですね。嬉しい。


ディナーが始まる前に「少し楽器のことを教えて欲しい」という方がいらっしゃったので、少しお話しを。いろいろと話していたら、愛知の家の近所の方ということが、判明。「もっと近くでたくさんライブやってますがな。」いえいえ、ありがたいことです。

ディナー始まり、我々も美味しい賄いをいただきました。

ディナー後半のステージ、持ち曲「くちびる」にて、新しいものが産まれました。もう散々やっているのに。

そして少しだけ休憩して、ライブだけのお客さんも加わり、ました。

ここから、ミニライブということでしたが、結局、普通のライブのツーステージやり、結局、3ステージやったなあ。

通しで聴いてる方が、ほとんどなので、これはものすごい数の曲を演奏したんだと思います。

無事にライブ終え、暖かいお店の方との別れを惜しんで、宿へ。

実は松坂は、クルマで帰ろうと思えば、余裕で帰れる距離なのです。一度も宿泊したことがなかったのです。

知り合いの酒豪ミュージシャンから「2杯飲むと足腰立たなくなる」と噂に聞く「梅割り」という夢のような飲み物を体験したかったわけですが、地元の居酒屋さんは、既に閉店時間。

今回も、「梅割り」の夢、叶いませんでした。
  1. 2015/12/20(日) 13:18:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3973-9b781406