GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

YEP-321ミーティング1/3

朝早く、東京から夜行バスで移動してきた増圭介くんが我が家にやってきました。

朝10時に家を出て、米原までクルマ移動。
最近お気に入りの米原にクルマを置いて関西を在来線で移動する作戦です。

米原で1日500円の駐車場にクルマを入れ。満車に近い状態でしたが、自転車にのったおじいちゃんに誘導され無事に駐車できました。

大阪に着き、そのまま十三へ。
今回は、十三では、たこ焼きを食べるというミッションがあるのです。

そもそも、十三でライブができるようになったきっかけというのが、あるたこ焼きやさんのおかげなのです。

和歌山でチューバマンショーをやったときに、わざわざチューバをやっているという娘さんを連れて、見に来てくれて。楽屋も訪ねてくれて、随分と盛り上がりました。

それで、このたこ焼きやさんの近くでライブやりたい!と強く思っていて自分で会場を探していたのですが、結局自力では見つからず、たこ焼きやさんに間に入ってもらって、今回の会場、ヘブンズカフェを押さえてもらいました。

たこ焼きやさんとライブ会場は、区役所挟んで、あっちとこっちという、絶妙な距離です。

まずは、ライブ会場にご挨拶してから荷物を置かせてもらいました。

からのたこ焼き屋さん。


十三たこ焼きイギー
http://www.tfujapan.com/

知り合いのミュージシャンも出入りしているようで、かなり楽しいです。そして美味しいです。ダシがきいてます。

からの、十三散策。商店街ラブ、人間観察ラブ。
買い食いしました。

かなり早めに十三に入ったものの、ほとんど遊んでました。YEP-321ミーティングは、基本的に打ち合わせナシのジャズセッションなので、リハーサルとかにしません。それで良いのです。

今回のツアーはYEP-321という楽器をフィーチャーした特殊なライブなのですが「YEP-321持ってる人は持ってきて陳列してください。」ということにしてあります。

どちらかというと入門的なポジションにある楽器ですが、「自分はYEP-321持ってて良かった!」というふうに感じて欲しかったのです。

お客さんで、YEP-321持ってきてくださった方が2人おりました。楽しいねー。

ライブは、ゲストにチューバの西本翔一を迎え、やはりほとんど打ち合わせナシにセッションしました。既存のものもぶっ壊すと面白いものができるようで。

こういうセッションって始めたものの、終われないということが良くあるのですが、わざと終われないようにしてみたり。いろいろな駆け引きを楽しみました。

そしてまさかのチューバマン、ご来店。仕事帰りに寄ってくれたのですが、「ゲスト、西本翔一です!」と西本くんを紹介した直後のタイミングでご入店で、西本くんのゲスト感を消し去りました。さすが。

お客さんは、ジャズとか、曲とか、そういうのじゃなく楽しんでいただけたかと思います。

そして、あぁ、ヘブンズカフェ、良いお店!
いい人に紹介してもらったお店がいいお店じゃない訳ないんですが、こんなお店に出会えて嬉しいなあ。

ライブ終了後は、十三の街へ繰り出しました。
  1. 2015/11/06(金) 10:04:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3934-30d82f69