FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

BGM職人 VS ギャル

独本気ショー。

この店は、とても落ち着いた雰囲気(高そう)なので、大騒ぎする学生なんかはまず入ってこない。

が!今日は変な集団がおりまして。
おじさん5,6人と、「キャーキャー」やかましい若女子5,6人から成るグループ。
んー。どんな会合だか判らん。。。

このグループを前にしてBGMを演奏するのはとてもツラい。
特に、この若女子たちが「興味を持っているであろう音楽」に全く興味が無い。


それでも前半戦は、ちょっと前(2,3年前)の流行歌なんかを精一杯演奏してみたりするも、まるで反応なし。やっぱり2,3年前じゃ、駄目だよね。

そこで、後半はターゲットをほろ酔いのおじさんに変更。
あくまでBGMなので、「さりげなく」だけど、ビートルズなんか演奏すると、こちらには目もくれなくても、鼻歌を歌ってくれたりする。
それが嬉しいんだなー。きっと思い入れがあるんでしょう。

その変な構成のグループがお帰りの際には、「お店を出た後も軽い足取りで帰れるように」と、「上を向いて歩こう」をさりげなく演奏した。

3人のおじさんが「上を向いて歩こう」の鼻歌で歌いながら出てったぜい。大成功!!

音楽にはサブリミナル効果があって、テレビ、ラジオなんかでは、それを巧みに利用しているわけですが。

実際に、アメリカの大学で履修していた「テレビラジオ音楽」のクラスでは、
「こういう効果を狙いたいなら、この楽器のこの音色を使いなさい。」
というような体系を教えたりしていた。

音や選曲で「他人の心情を左右できる」っていうのは、なかなか面白いもんです。
  1. 2006/05/11(木) 00:34:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/393-19947937