GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ダブルでリハーサル

夕方から、現代音楽のリハーサルを愛知県立芸術劇場にて。
そこから帰ってきてから、近所の施設で深夜まで親子ライブのリハーサル。
ここにはピアノ無いため、ぼくが電子ピアノを持ち込むことに。

現代音楽のリハーサルから帰ってきてから、暗い中、機材を搬入するのが嫌だったので、雨が上がった隙をみて、昼間のうちに搬入しておきました。



これで心に余裕を持って、現代音楽のリハーサルへ。
ぼくはたった一曲だけの参加です。
まだ内容はナイショにしておこうと思いますが、かなり特殊な使われかたです。
ピアニストの中川さん、小坂さんにご挨拶。

演奏前は、むちゃくちゃ緊張していましたが、曲のリハーサル終わると、もう楽しくてしょうがなくて。
2回、通して本日のリハーサルは終了。
現代音楽のコンサートを一本やるって、ものすごい体力と気力が必要なんだなあ。

渡された書類を見ていてビックリ!
グランドピアノ持ち込みですって!

「ピアニストさんって楽器を持ち歩か無くて良いから楽ですねえ」「いや、毎回違った楽器を演奏するのも大変なんですよ」というのが、よく聞かれる会話なんだけど。

グランドピアノ持ち込みかー。
どうやって電車乗ったんだろ。

というのは冗談ですが。

無事にリハーサル終えて、帰宅。
風がようやくおさまりました。

近所の施設で、夏の親子ライブのリハーサル。
ピアニスト奥村さんと、ボーカリスト葉山さんと3人で。
子供向けの曲をちょこっとジャズアレンジして演奏しますが、このメンバーはなかなか危険です。
かわいく、おとなしい曲もあるのですが、ノンノン、ぼくの耳はごまかせません。フレーズの節々に「あー、悪ノリしたいけど、ダメダメ、ここは大人の振る舞いで抑えておこう」という雰囲気が伝わってくるのです。

そこで「えー!そっちに行きたいなら、そっちにブッコミましょうよ。」と、タガを外すわけですが、そうなったらもう楽しくて楽しくて大変。

これは、大人もこどもも、音楽知ら無くても楽しいに違いない。

  1. 2015/07/17(金) 10:16:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3829-8d81337c