GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

富安秀行熊本ツアー2/4

富安さんのライブ、2日目の今日は初めてのお店。

夕方になってお店を訪れてビックリ!!


「えー!!なにこのピースなお店!ここで、やるのー!?」

そして中を覗いてさらにビックリ!



小上がりに机が3つと、カウンターに椅子が少し。
一癖も二癖もありそうな大きな男性がどかっと腰掛けていて、コーヒーを飲んでいて、そこに若者が「遅れてすみません!」と駆け込んでくる。何の話をするのだろうと、趣味悪いですが興味本位で聞き耳を立ててみると
「どこそこ経由であの国に入り、さらにどこそこ経由であっちからあの国へ」なんて話をしています。お店の隙間という隙間には、レコードとかカセットテープとか詰め込まれてます。

うーん、すごいところに来てしまった。

あまりの衝撃に一旦お店を出て、コンビニを探してしまった。このぼくが。

恥ずかしながら、コンビニで落ち着きを取り戻し、お店に戻る。だんだん、状況がわかってくる。お店の雰囲気、ママさんの雰囲気、理由が解ってきて、溶け込んだ自分を感じる。

ごく普通の古い民家、こんなところでラッパの類を吹いてはいけないシチュエーションです。
実際、ママさんも心配していたようですが、その辺りは、ユーフォニアムの職人技を出させていただきます。

普段から「居るか居ないかわからない」という仕事をしてますので。

小さなお店でしたが、なんちゅうか、少数精鋭のお客さんが、じっくりと聴いてくれて。演者と客席との対等なコミュニケーションを感じたのです。シアワセ。

ライブは無事に終了しました。

富安さんとは、ここで一旦別れました。

ぼくの目はまだギラギラしてました。

実は、SNSのおかげで、ぼくの大好きなベーシスト、にしやんとパーカッション、クラッシーその一派がライブで熊本市に来ていることを察知していたのです。

突然、彼らのライブ現場に現れて「じゃじゃーん!ぼくも熊本にいまーす!」とか言って驚かそうと思ったのです。

でも、ぼくもライブ終えてる時間なわけで。

にしやんのライブはどうだろうか?
まだやっているだろうか?

と、SNSの情報を頼りに、お店に電話してみたらば「は?ライブ?うーん。あなた、だれですか?」みたいな冷たい対応をされて。

「あ、すみません、間違えました」と答え電話を切り「あれ?おかしいな。何かの間違いかな?」と、思いつつも、そのお店まで行きました。
結果、お店の名前がちょこっと違う、ぜんぜん違うお店でした。ザ・スナック。こんなところに入らなくって良かったー。


調べ直して、正しいお店にたどり着くことができました。

ライブがちょうど終わったところ。

「今からセッションタイムに入ります」とのアナウンスを聞いて、ぼくは、帽子を深く被りお店に潜入。にしやん、クラッシー、気づいてないよ。

曲がはじまりました。

お店のピアノの上に、プラスチックのトロンボーンが置いてあるのを発見。

やおら、それを掴んでセッションに乱入。
クラッシー、まず気づいてくれました。

しばらくして、にしやん、気づいてくれました。

ベース止まりました。抱き合いました。

そんなアツイ夜。

  1. 2015/07/02(木) 18:42:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3816-7422f7f8