GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

音もダチ!ライブwith吉崎ひろし

もう、何度もいろんなライブ会場でご一緒させていただいてたり、同じCDプロジェクトに参加させていただいてたり、すっかりお顔も音もなじみのある、日本を代表するバンジョー奏者、シンガーの吉崎ひろしさんのライブに参加させていただきました。

昼間から、音源を聴きながら、どの楽器で参加すべきかずっと悩んでました。なんせ、バンジョーと金管楽器のライブなんて(少なくともぼくは)聞いたことないからねえ。

さんざん迷いましたが、結局、チューバ一本で臨むことにしました。
リハーサルでは吉崎さんが「もっと上手くチューバを引き出せないかなあ。」なんて優しいアプローチを考えてくださいまして、その器量に感動。

ぼく自身は、ライブの後半に吉崎さんの伴奏として、ちょろっと登場する。くらいに思っていたのですが、なんと、チューバソロコーナーなんかも設けられました。そして、「なにか、ジャズのスタンダードでもどう?」なんて話から、なんと「スペイン」をやることに。よりによって、バンジョーとチューバで。あんれまー。

本番、前半は、吉崎さんのワンマンショーを食べながら呑みながら見てました。うーん。お客さん気分でたのしい。

そして前代未聞のデュオコーナーが始まったのですが。
言葉でとても上手く形容できないんですが、なんと言うか「吉崎さんのほうからやさしさが降ってくる、やさしさを浴びている」
というような気分になりました。

なんなんだこれは。吉崎さんが経験豊富なミュージシャンだからということではなく。
ライブ終わっても、家に帰っても興奮冷めやらず。つまり、一人でさらに打ち上げしてたのです。
  1. 2014/11/05(水) 15:34:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3591-8b24e0d8