FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

チューリップハッツ×さらさ

広島から来た、ギターとアイリッシュハープのアコースティックデュオ「さらさ」との対バンでした。

そもそもなんでこんな話になったかというと、かなり前にさらささんを、とある人から「対バンできませんか?」紹介され。なかなか日程合わないでいたのです。


ところが、ある日、金山駅で、スーザホンデュオのストリートライブをやっていた時のこと。

足を止めて聞いてくれていたお客さんが「今日は、名駅でもストリートライブ聞いていたんだよ。名駅では、ギターとハープのデュオがやっててね。」という話をしてくれて、「ひょっとして!」とピンときたのです。

それで、会いに行ったのが、実際の出会いです。
そこから、改めて正式に対バンの話になったというわけです。

しっかし、ギターとハープのおっされなバンドに、どうやって対バンしたら良いのだろう。という悩みはありました。

だって、金管楽器ってばっちぃじゃないですか。ツバ飛ぶし、ツバ垂れるし。弦楽器に対するコンプレックスって、ありますわなあ。

どうやっても、ギターとハープみたいにオシャレにはなれませんわなあ。ということで、反対路線。

トランペットとチューバとドラムのトリオ「チューリップハッツ」で臨むことに。

絹と泥です。

自分たちの演奏はともかく、さらさのお二人、すごく良かった。
もんのすごいテクニック持ってるのに、向いてるのは、常に客席。ストリートライブなんてやってる人って、こうですわなあ。テクニックがどうのこうのではなく、もう、一つ一つの音から人生が感じられるような。

久々に、客席から「感嘆のため息」というのを聴きました。

「また、ぜひ一緒に!」なんて約束して別れましたが、これはすぐにぼくなんて手の届かないところに行ってるんだろうな。

やー。素晴らしかった。
  1. 2014/11/04(火) 16:51:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3590-600d753f