GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレ・ロマンギャルド5/5 から帰れない

朝起きて、まだ岩手県千厩の宿舎。

キャンプ参加の子供たちと一緒に朝ごはん食べて。
出発前に、集合写真。「何か面白いことやって」とリクエストが来て。
ぼく、そんなことできるキャラじゃないんだけどなあ。どんな写真になったろうか。

まずは、千厩から、これまで、何度か演奏をして、地元の方とも交流のある歌津伊里前福幸商店街へ。
それまでの道、随分と綺麗になりました。
「あ、こんなのできた。あ、ここ何になるんだろ?」と、新しい発見がたくさん。

南三陸鉄道の軌道もすっかり整備が進んで、バスが走っているようでした。新設された踏み切りを見たのは初めてかもしれない。

歌津でご挨拶のあと、南三陸さんさん商店街へ。

これまた、南三陸町へ入るのに、道路がすっかり変わっていて。
町はかさ上げが進んでいます。前回、まだ積んだばかりという様子だった盛り土には逞しい雑草が生えていて「お、これから何か始まるんだなあ」という雰囲気。

商店街は、ものすごい人手でした。
それこそ、初めて訪れたときからは、想像できないような。

駐車場は何倍に拡張されたのかなあ。それでもスペースを見つけるのが難しいくらい。

その人ごみのなかでの演奏。
30分ほどでしたが、たくさんの方に楽しんでもらえたかと思います。

大漁旗ハンチングは、毎回ここで買っています。

売り場に我々の写真発見。



これで、今回のツアーのミッションは全て終了。
後は帰るのみ。

ぼくは、仙台駅で2人降ろして、後はゆっくりと渋滞状況を見ながら、もう1台のクルマと、運転交代しながら。

という作戦だったのですが、石巻でまさかのパンク。

高速の渋滞が激しく「これは、仙台駅でなく、最寄のローカル線の駅を目指そう」と、高速を降りてからすぐのパンクでした。

道端で応急処置。前回、東京でパンクしてしまって、あたふたと修理工場へ運び込んだときに、このクルマには「スペアタイヤではなく、エアコンプレッサーが装備されている」というのをSNS上で教えてもらいました。

そして、最寄り駅までなんとか辿り着き。

保険のサポートの手配。

電車移動のメンバーは特急で各方面へ。無事だったもう1台のクルマは大阪へ。

ぼくは一人石巻。クルマはレッカーされ、ぼくはタクシーで修理工場へ。

ここから、ながーいひとりぼっちの帰路へと就いたのでした。

  1. 2014/08/15(金) 10:40:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3512-75c7e054