GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

セントラルジャズオーケストラリハーサル

午前中に、所属しますビッグバンド、セントラルジャズオーケストラのリハーサル。

8月にライブがあるのですが「まだちょっと時間がある」ということで、初見大会でした。
通称「初見大会」というのは、あらかじめ楽譜が配られていて、それを個人で準備してきて、リハーサルするというものではなく、みんなが集まってから、「はい、これやってみましょう。どうなるでしょう。」と音だしをしてみるものです。

通称で「大会」という名前がついちゃってるのは、みんなで一生懸命「読むゾー!」とやるからなのですが、それはそれで楽しいのです。

というわけで、じゃんじゃん新しい楽譜が出てきたのです。
むかーしから、それもきっと世界各地どこでもそうだと思うのですが、木管楽器の人はなんであんなに細かい譜面をさらっとやってのけてしまうんでしょう。トロンボーンなんて、普段全音符しか吹いてないからね。チューバだって、四分音符しか吹いてないからね。(←こういうところに過敏に反応しないでね)

じゃんじゃん新しい楽譜やってたら、ふと、自分の曲が出てきました。

そういえば、「こんなビッグバンドの曲作ったことあります。」って提出してたかも。

自分のオリジナル作品には楽譜に作曲年を書き入れるようにしているのですが、2006年ですって。
「ちょっと!そんな昔の楽譜、きっと直したくてしょうがないので恥ずかしいので、よしてください!」と言おうかと思ったのですが、怖いもの見たさで、大会に出してみました。

「懐かしいねー。あの頃の自分。がんばってたね。とんがってたね。」
と、ほんわかしてたのですが。

「次のライブでやるかも」ということになりました。
それなら、今の最大限の経験を活かしたいので、そりゃあ新しい譜面書くでしょう。
というわけで、久々にビッグバンドの書きます。
  1. 2014/04/22(火) 22:38:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3397-83a492e9