GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

青空楽団てるてる家族飛騨古川公演

午前中に、下呂市から1時間半かけて飛騨古川へ移動。
下呂を離れる前に、いつも演奏に来ている天領酒造に立ち寄る。


お昼前には到着。会場の円光寺は由緒正しいお寺。二年越しのコンサート実現です。

「着いたらすぐ蕎麦を食べにいく」という情報を聞いていたような聞いていないような気がしたんだけれども、頭の中では、飛騨古川=蕎麦!みたいになってしまってました。

ところが、実際には会場に着いたら機材の搬入があり、楽器の積み下ろしがあり、サウンドチェックがあり、トラブルがあり。
富安さんのギターからつねにノイズが出ているという。電気の楽器の些細なトラブルって大変。

「あらー。電気の学期って大変ね。うふふ。」と、他人事のように思っていたのだけど、それはそのままお昼前ご飯タイムがどんどん伸びていくのだという事に気づき、全力で解決に臨んだのでした。なんやかんや有りまして、決起、アースがどうのこうのということで原因が解り、後はすんなりとサウンドチェック終了。

めでたくお蕎麦タイムとなりました。
お世話になっている飛騨古川のライブハウス、リトルビレッジのマスターがやっている蕎麦屋さんへ。

その後、市内を散策して、みんなでお寺で昼寝して。(昨日、遅かったり今朝早かったり)

午後3時の本番、たくさんの地元の方に来ていただけました。
中には地元の中学のブラスバンドでユーフォをやっているという子も。なかなかこういう事ってなかったので、嬉しいです。

演奏中、ドバーッと雨が降ったりしましたが、1時間少しのコンサートが終わる頃にはまた晴れました。良かった良かった。

機材の撤収なんかして、中華そば食べに行って。


ライブハウス、リトルビレッジへ移動して、盛大に打ち上げ!

となるところ、ぼくにはもう一仕事。地元の中学生ユーフォ奏者さん3人まとめてレッスン。
「よくぞ、見ず知らずの、こんな麦わら帽かぶった人にレッスン受けたいなんて思ってくれた!」と嬉しく思い。
ビール片手に盛り上がってるメンバー尻目に全力投球しました。楽しく音楽続けられますように。

そしてそして、乾杯からセッションから、楽しく過ごしまして。22時過ぎには宿。駆け抜けました。
  1. 2013/09/14(土) 05:57:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3179-52c4c000