GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

長野からブラジル

朝早く出るつもりが、寝坊。たくさんの忘れ物を置き去りに長野を出る。

クルマでえっちらおっちら名古屋に帰り、自宅で楽器を持ち替えて、名古屋駅まで電車で出る。

16時入りにギリギリ間に合いました。
名駅西側に去年オープンしたブラジリアンバー。「バーマルセロ」にて、ボサノバのライブです。
マルセロさんとは、浜名湖畔でジャムセッションしたりしてます。



ボーカリストのSaboさんは、隣町に住む音楽仲間。

東京、大阪から、超強力なメンバーが集結しました。

ガットギター/ウエキ弦太
7弦ギター /山田やーそ裕
パンデイロ /長岡敬二郎



「はい、この曲やりましょーね。」「こっちのこの曲もやりましょーね。はい。ここキメがあるからね。ジャッジャッジャってね。」
というような打ち合わせのようなリハをしました。

初めてやる曲ばかり。

「自分にできないことは、ハッキリ言わないといけない」というアメリカのセンセの教え通りに「あのー、ちょっとこの曲、ぼくできないんですけど。引っ込んでてもいいですかね?」とか言ってみたんですが、「いや、そこは出ましょうよ。」と言われ、出ることに。

結果、なんとかする方法を一生懸命さがしてやりました。
ああ。できないと思ってたのに、できちゃったな。今までしまったなこりゃ。

ライブ後、長岡さんのパンデイロワークショップを見てました。
すごいな。ぼくもこんな感じでやれるかな。やってみようかな。と思ったのでした。

というライブの後、帰宅の電車に乗るために名古屋駅に向かいましたが。

事故のため電車動かず。
  1. 2013/08/24(土) 23:01:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3159-9731871a