GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

バロンライブin高山@ピースワールド

先月、地元のライブでご一緒させていただいて、もうすっかり虜になってしまったボードビリアンのバロン。
ライブ後に「この日空いてませんか?空いてたら高山で。」「アヒン!空いてる空いてる!」となりましたが、今日がそのアヒンの日です。

別々に会場集合ということで、ぼくはクルマでえっちらおっちら向かいました。

家を出るときの愛知の気温33度。しかも、雨上がり。あぁ。こういう日に涼しいとこに向かうのっていいな。

高山は、スキッとカラッと涼しく。駅でバロンをピックアップして会場の絵本屋さん「ピースランド」へ入りました。

なにせ、あたいはバロンに恋しちゃってるものだから、「アタイ、この曲もこの曲も準備してきたの。言われてないけど。ねぇ。褒めて。パーカッションの小物も持ってきたの。言われてないけど。ねぇ。褒めて。」と。言わないけど。

そんなこんなで、「もうこれ以上はメモリが足りません」というくらいのリハをやり。
お腹が空いたので、本番までの間にご飯を食べに出かけることになりました。

「高山ラーメンでしょ」と。

ところが、金曜の夕方18時前だというのに、商店街の皆様、もう店じまいしてて。
ラーメン屋さんも、「うちは、観光客さんしか見てません」と主張しているお店以外はどれもこれも閉まってて。

結局高山の中心街をぐるっと一回りして、またお店に帰りました。

マスターに話すと「ああ。そう、そんなもんかなあ?」なんて仰ってましたが、後で解ったのですが、土日がお祭りだったんですね。それで準備のため早仕舞いと。たぶん。

結局、繁華街からは離れたところのお蕎麦屋さんを教えてもらって、川沿いの道をバロンと二人でとぼとぼ歩いていると。

道すがりのひとが「あれ?バロンさん?今日のライブの?」なんて声をかけてくるのです。

「あれ?知り合い?」なんて聞いてみたら「違う。」と。あらまー。有名ですねえ。なんて思いながら、お蕎麦屋さんに入ると「あれ?今日、やる人?ピースランドの。」と。

なんでまあ、そんな素敵なことになってたかというと、この人相書き、いえ、チラシ。
本人の喋り方まで伝わる素晴らしいイラストです。
これが、町の要所要所に貼ってあると。そういう素晴らしいことなのでした。

baron takayama

ああ。愉快愉快。

無事に腹ごしらえを終えて、たくさんのお客さんの待つお店へ引き返し、ライブスタート。

どっかーんとは盛り上がらないのです。

ぼくも、いや、アタイも同じ気分になっちゃうんだけど、なにか自分の幸せを確認するような、噛み締めるような、そんなことになっちゃうのです。お客さん、そんな感じになってるのです。
あぁ。優しい。なんて優しいんだろ。もうその理由はわかっていたつもりになっていましたが、さらに解りました。

(背景に負けず顔がうるさい2人)

ライブ、無事に終了しまして、打ち上げに突入というところで、ぼくは時間切れ。

泣く泣く高山を後にして、明日のお仕事の現場の浜松へ向かいましたとさ。

※東海北陸自動車道→名神→東名という経路で浜松に行かなきゃいけなんだと思ってましたが、東海環状自動車道というのができてて、美濃加茂から豊田までバビューンとバイパスできました。
  1. 2013/07/26(金) 23:10:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3130-5b1052e0