GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ボヤき注意

昨日に引き続き、避暑。

我が家から一番近い名所。養老の滝です。

隣町に、居酒屋「養老乃瀧」はありますが、それの本物です。

本物の居酒屋でなく、本物の滝です。

そこで、水しぶきを浴びながら、ボーっと過ごそうかと思ったのです。曲なんか作っちゃおうと思ったのです。

まず、距離的に近い割には、おそらく10年ぶりくらいに行ってみたんですが、駐車場の様子が変わっていて、少し離れたところにクルマを停めてしまい。

滝まで1.6キロとのことで。
まあ文句も言わずに歩いたのです。

滝までの山道の傍らに3箇所、灰皿があり「分煙にご協力お願いします」という看板がかかってました。
「この滝を見に行くための短い距離の登山道でどこの誰が。」と思ったのですが、ちゃんとタバコ吸いたい人は居るものですなあ。革靴履いた人でした。
おっと。ボヤいてしまいましたが、距離は短いもののそれなりに険しかったり、滑りやすかったりと、汗だくになって、滝まで辿り着いたのです。

そうしましたら、どうも様子がおかしく。

ハイヒールのギャルやら、トイプードルを抱きかかえたセレブやら、山登りをする体系でない男子が、汗一つかかず、滝つぼの脇で、いわゆるマイナスイオンを、恍惚の表情で浴びてるのです。

ここには、観光リフトなるものがあって、昔は、動いてるのを見たことがあるのですが「ひょっとして、あのリフトが動いてるのかな。」なんて思ったのですが、それにしても「心構えとか、気合の表情とか、どこに置いてきちゃったの?」という人が多く。

滝の脇のほうに行ってみたんですが、なんとビックリ。

滝が一つ増えてました。人工の。

こちら、水流れてませんでしたが、ホースが張り巡らされてたり、一部、目隠しがされているところを見ると、冬に凍った滝を作って、ライトアップなんかしてるんだろうか。
一応、砂防ダムの形なんかしちゃってるんだもんなあ。

チラリと、侮蔑の目でしか確認してませんが、どうやら滝つぼにナイスなアクセスの駐車場が整備されたようです。
そういう場所になっちゃいましたね。

水しぶき浴びて汗吹き飛んで、またガンガン歩いて山下って汗かいて。
「一生、上の駐車場は使うまい。」と誓いました。

もし、上の駐車場が昔から有ったなら、それを利用しなかった両親に感謝。
  1. 2013/07/11(木) 22:58:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3116-0a73f952