GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレ・ロマンギャルドレコ発



昼過ぎに家を出て、クルマで京都へ向かいました。
ファンファーレ・ロマンギャルドのレコ発ライブです。

2時間もたたないうちに会場に着きまして、リハーサルかと思いきや、なんだかリーダーが内職をしています。どうやら、CDをいじってるようです。

近づいてみると、手袋をして、紙ジャケのCDに、えさほいさっさと、紙のカードを差し込んでます。

なんでも、CDに挟み込むカードの印刷があがったのが今日だと。それを今、ライブ会場で仕込んでると。まあ、ぼくもそんなようなことやりますが、大変です。リーダーって。

先に到着したメンバーも「手伝いようがないんだ」と、ただ見守ってました。

完成品見せてもらいましたが、活版印刷の紙ジャケの、紐でぐるぐると留めるタイプ。紐の色は三パターン、中に入ってるカードは4パターン、さらに、真剣に読むと20分くらいかかる読み物が中に入ってます。

もう、想像の範囲は、軽く吹っ飛んできました。さすがというかなんというか。

長いリハしたのですが、なにしろ他のメンバーがかっこよくてしょうがないのです。時間なんかあっという間に過ぎちゃいます。幸せ。

本番までの間、ババっと外にご飯を食べに出たのですが、すぐ近所にラーメン屋ができてました。京都パーカーハウスロール。「かけラーメン」てなんじゃらほい。

そして、ショッキングなことに、名古屋の老舗喫茶店もできてました。京都に。国際観光都市に進出するには、おれのあんこがプカプカのままではいけないと思うんだけどなあ。

本番始まるまでに着替え。今回のライブでは衣装コードがありました。

そもそも、今回録音したCDは、仏教の教え「六道輪廻」をテーマにしています。六道輪廻をテーマにした「組曲六道」がメイン収録曲です。

ということで、衣装コードはズバリ「地獄」。

タンスの隅々まで探して、それっぽい衣装持ってきました。

メンバーそれぞれの衣装、楽しかったです。

衣装、それぞれ楽しかったんですが、ぼくは始めて気持ちに余裕を持って演奏できました。

今まで、組曲六道は、東日本大震災被災地を含めて、いろんな場所で演奏してきたのですが、こんなに落ち着いた気持ちで演奏に集中できたのは始めて。なにかにつけて良し悪しだとは思うのですが。また東北で演奏したいと思ってます。

ライブは大盛り上がりのうちに終わりました。

ここから、もう一つのミッション。

明日の鬼頭ブラス公演のメンバーをクルマにのっけて帰ります。

鬼頭ブラス関西メンバー、ライブ会場に集合しました。

辛い決断ではあったのですが、ぼくはライブ打ち上げでビールを飲んで、鬼頭ブラスチューバ奏者さんに運転任せました。

辛い決断でした。
  1. 2013/07/05(金) 23:20:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3109-8a056897