GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

チューバマンショー札幌公演

今日は3本だて。

YAMAHA札幌でのフロアコンサート、レッスン、ライブハウスでの札幌自主公演。
午後からということで、午前中はゆっくり過ごしました。

ヤマハの隣の隣の隣くらいのホテルに泊まっておりましたが、ヤマハまでの歩道がこんな状態。
本当なら、部屋で着替えて楽器と荷物もって行けば済むことですが、さすがに革靴での移動はナシだろう。
ということで、靴だけビーンブーツのまま。

さらに、CDなどの荷物も先に持っていくことにしました。楽器と荷物なんて無理無理。

で、えっちらおっちら歩いてたら、宅急便の配達員さんがビューンと走ってきたり。
どうなってるんだろう。。。余裕で歩いてるのは地元の人なんだろうな。

ヤマハ店舗でのフロアコンサート。
こんな雪なのにお客さん来てくれるんだろうかと心配していましたが、蓋を開けてみたら、50人近い?方にお越しくださいまして、会場パンパンでした。嬉しいですね。
本当は、みっちりやりたいところなんだけど、40分~50分くらいでという制限があったので、泣く泣く短めに。

ああ、楽しかった。

そして、夕方までの空き時間、レッスンを組んでいただいておりました。
うん、こういうの効率良くてイイですね。

そして、夜のライブ会場までは、おそーるおそる歩いて10分。


初めてのお店でしたが、むちゃくちゃ音が良くて、それだけで興奮してました。
夜のライブは、お客様、業界関係者の皆様ばかりで。

普段は封印しているような、楽器ネタとか、業界トークとか炸裂しておりました。
このぼくですら、チューバトークしました。ああ、自分でも珍しい。

楽しくライブ終了した後、これまたカキンカキンの路上を歩いて打ち上げ会場へ。

ぼくは(いつものごとく)集団の後ろを歩いていたのですが、前方から「ドンガラガッシャーン!!」とすごい音がして。

「なんだなんだ!!」と駆け寄ると、吉野さんが倒れておりました。
楽器の上に。。。

居酒屋さんで楽器を見てみると、ひどいことになっておりました。
幸い、ヤマハのリペアの方が東京から出てきていたので、明日の朝イチで応急処置をしてくれることになりましたが。

業界関係者さんに囲まれた状況でドンガラガッシャーン!!をやるなんて、さすがです。
末代まで、語り継がれるべき伝説が一つ増えました。

吉野さんは、黒いシックなレインブーツぼくは、ビーンブーツを履いてました。
ビーンブーツでもつるつる滑るんですが、地元の人に言わせると、「あ、それね。それ、ふかふかの雪の上を歩く分には良いんだけど、アイスバーンの上は滑るでしょ。こういうの履かないとだめだよ。」と見せてくれたクツは、ソールのゴムが柔らかい、いわゆる、スタッドレスタイヤのような底のクツでした。

そんなもの、存在さえ知らなかったなあ。宅急便のにーちゃんは、コレ履いてたに違いない。

いろいろ有りましたが、九州から北海道へのドタバタツアー、なんとか終えることができました。

お世話になりました皆様、お客様、関係者の皆様、どうもありがとうございました。
  1. 2013/03/23(土) 23:53:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3006-abc9219a