FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

チューバマンショー大牟田公演

3日間滞在した熊本を後に、福岡県大牟田市へ。まいねさんのクルマで向かいます。

の、前に最後に熊本観光。
熊本城。


おもてなし武将隊みたいな人たちが、いたるところにおりましたが、あんまり、そういうバイトさんには、興味無く。「へっ。」とか思ってたのですが、忍者の人にやられてしまいました。こういうところで、記念撮影するなんて。


この人、かなりポーズが決まってますが、歴史的、科学的根拠は、ぼくのドロンと同じくらいだと思います。

よく、お城好きの人がやいのやいの言ってますが、理由が解りました。これは、だいぶかっこいいです。

ちょっと!名古屋城!シャチホコなんてウリにしている場合じゃない。


熊本城観光の後、城下町を散策して、古い街並みを見たり。名物タイピーエン食べたり。

なんとか、もっと熊本に残れないものかと思ったのですが、そういうわけにもいかず。

今回、お世話してくださいました、ピアニストまいねさんのクルマでの移動でした。
「高速道路で移動するのかと思いました。」と言われましたが、どっこい、私達、根がブラスバンド部。

下道でしかも、リサイクルショップをチェックしながらの移動となりました。あー。楽しや楽し、ロードトリップ。

そんなこんなで、当地した大牟田市のコーヒーサロン「はら」

かつて炭鉱で栄えた街ということですが。その栄華を感じられるような店構えでした。

この時点で、吉野さん半そで。


2人で何か小腹に入れようと、街を散策しましたが、軽トラックが、バンパーを落としていったり、ラーメン屋さんで、おじさんが「ニギリメシと。酒。」と言ってたり。目に入るもの、耳に入るもの、すべてが新鮮でした。

本番会場のコーヒーサロン「はら」実は、吉野さんが学生の頃に演奏をしたことがあるという、老舗のクラシック喫茶でした。とても品の良いママさんがコーヒーをいれてくれて。

そんなお店に、どんな人が来るのか、ドキドキしてましたが、蓋を開けて見たらば、老若男女。というのは、いつもと変わらないですが、クラシックファンのご老人という方々がたくさんいらっしゃいました。

そんな方にも喜んでいただけるようにという訳ではないですが。いつものようにチューバマンショーやって、まいねさんによる、ピアノ伴奏ソロコーナーやって、さらに盛り上げて。

初めての街でこんなにお客さんに来ていただけるなんて。

公演後は、打ち上げ。
熊本で食べ損ねた馬は、有明海にはいないのね。いーないのーねー。

でも、有明海一通りやっつけました。

これで、九州公演、一通り終わりました。
動けば動くほど、エネルギー満ち溢れた人と出会えるなあ。こういうことが、ライフワークっていうのかな。
  1. 2013/03/21(木) 21:21:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/3004-efd49d3e