FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ポリゴン楽団×田口美郷コンサート



わらべうたや、童謡を題材にしたジャズバンド、ポリゴン楽団のホール公演。春日井市東部市民センターと、ボランティア団体さんの企画に呼んでいただきました。

コンサートには、二つの枠が有りまして、もう一つの出演枠は、パーカッション奏者の田口美郷さん。鬼頭ブラスはもちろん、他のいろんなところで、大活躍してます。2人とも、近所なんですね。こういう、地元出身のアーティストを地元の人なり、会場なりが取り上げるって素晴らしいですね。



設営から運営から、本番の段取りや照明まで、全てボランティアさんによって行われます。

スモークの濃度が史上最濃だったのも、ご愛嬌ということで。





本番、お客さんの様子を見ながら話すことや演奏内容をちょこっとずつ変えたりして。ちびっこも多かったのですが、慣れたものです。

田口さん登場して、一人で叩きながら喋りながら盛り上げておりました。あぁ、ちょっと違う引き出し見ちゃったなあ。嬉しいなあ。

ポリゴン楽団やって、田口さんソロコーナーやって、田口さんが観客をステージに上げてカホンワークショップやって、そこに、ポリゴン楽団が入って、みんなで一曲作り上げて。

こんどは、ポリゴン楽団に田口さん入ってもらって、後半ステージやって。

アンコールは、カホンワークショップ参加者と観客を交えて。という完璧な流れを組んでいただきました。

ぼくは、イチメンバーとして乗っかてただけだったんだけど、打ち合わせ、大変だったろうなあ。

ポリゴン楽団×田口美郷さんという、新しい形態もプロデュースしていただきました。「そりゃね、一緒にやったら楽しいでしょうよ。やりたいなあ。」って思うミュージシャンなんかいるんですが、同時に「忙しいだろうからなあ。」なんて声をかけ辛かったりもするものなんです。それを、こんな形で声を掛けていただいまして。



昨日の心配が的中して、喉が痛くなりました。ピンチ。

ピアニスト奥村さんの奥様に、「こんなのあるよ」と、漢方の喉スプレーをいただきました。効きますように!
  1. 2013/03/16(土) 13:30:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2999-fb2c003e