GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレ・ロマンギャルド5日目



朝起きて、なんてブルース調のフレーズで始まりますが、朝起きて、向かった先は、去年、お客さん呼び込みの演奏をした歌津の仮設商店街。

リアス式海岸沿いを乗降を繰り返しながら道路は進みます。

去年は、このカーブの先に有る風景というものをまるで知らなくて。

カーブを曲がる度に衝撃をうけていました。


今回は、この先に何が待っているのかというのがわかってるので、精神的にまだ楽でした。状況が悪くなっているということも、まあ無いだろうし。

そして、商店街に着いたらば。


いぇーい!元気になってまーす!
このなびいてる旗の数々、勢いを象徴していて、とても気持ち良い。
だけど、これは大漁旗ではなく、この商店街を応援している組織のものだそうです。

音楽って、消えるもので良かったと思うような事も有るものです。



去年購入した大漁旗ハンチング、並べてみました。瀬戸さんはまた買ってます。
ぼくも今年も買うつもり。黒服にも合うようなのものを探していたのだけれど、今回は見つからず断念。

今回はこの商店街での演奏は無し。午前中ゆっくりおしゃべりなんかして過ごしました。

そして午後から移動して、昼過ぎから老人ホームでの慰問演奏。
自分たちの演奏はそりゃもう盛り上げましたが、今回同行している江戸大神楽の二重丸さんのステージに釘付けになりました。

恥ずかしながら、神楽というものがどういうものかよくわかってなかったのだけど。
これはすごいなあ。うん、すごいなあ。
大いに参考になりました。



夜の演奏会場へ移動する手前で、食堂でお食事。ここでも演奏のリクエストが有って、瀬戸さんとアコーディオン藤沢さんが一曲披露。そうすると、お礼の印にと酒瓶が出てきたりして。



夜は、仮設住宅での演奏。
お年寄りや子供達を相手の演奏。
ワカメの収穫が最盛期だということで、働き手のみなさんはまだ海だということです。

小さい子が走り回ったりしてますが、そんなのも上手に利用しながらステージを盛り上げました。

二重丸さんも、さすが!



お客さんの反応に対する引き出しが、ぼくとは比べ物にならないくらい豊富!
ということはですよ。ぼくとは比べ物にならないくらい、場数を踏んでるということです。

今回の東北での日程は、これで全て終了しました。
一日離脱したことで、演奏回数が減っているのもあると思うのですが。
今回はかなり、睡眠の環境には恵まれておりました。

去年は、仮設住宅に隣接した学校(というよりは、学校の校庭に仮設住宅があったのですが)に寝泊りしていたので、地元の方とも夜通しお喋りする機会なんかがあったりして。地元の方の顔と、その方が住んでいた被災地の姿というのがリンクすると、それはそれはもう、どうしようも無い感情が沸いてくるのですが。

つづく。この日の日記に、感情を整理して書いていこうと思います。
  1. 2013/03/12(火) 22:56:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2995-6bc3f07b