FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファイブベルズ

朝早くホテルを出て、朝早く会場入り。吹田市メイシアター。

こんなに早く入らなくても良いんだけどね。なんとなく、気が急いて。

会場に楽器と荷物を置いて、朝ごはんを食べるような飲食店を探す。
どうも、会場のすぐ近くには無さそうな感じ。街の雰囲気からしてそんな感じ。

「ご飯食べれなくても、せめて喫茶店でモーニングセットでも!」と思ったのだけれど、「喫茶店に入っても、トーストとタマゴとミニサラダ出してくれるのは、愛知だけか」と考え直す。そもそも、「喫茶店なら、その辺に有るだろう」というのが愛知県民の間違いですね。いくら歩いても喫茶店ありませんでした。

結局、携帯ナビに頼って牛丼チェーン店にて朝ごはん。

15分歩いて帰ってリハーサル室にて、ウォームアップ。

これが、いままでにないくらい、調子が悪かったのです。

「慣れないホール公演だから、知らない内にプレッシャー感じてどこか緊張してるのだろうか。こんなときは、どうすれば良いのだろうか。でも、まだ早めに会場入ってて良かったかも。あと1時間あるから、なんとか取り戻そう。取り戻さなきゃ。」なんて、真剣に落ち込んでいたのです。いわゆる崖っぷちでした。

が、あまりにも楽器がいつも通りに鳴らないので、ちょっと楽器のベルの中を覗いてみたらば、ベルのそこに千円札がへばりついてました。

どこでどうやって迷い込んだのか。。。
それにしても、「あぁ、いつかこうやってなんらかの不調を機に楽器を辞める時がくるのだろうか」と、擬似体験をしたようで、泣きそうでした。

お札は、吉野さんが、水をじゃぶじゃぶ楽器に送り込んで出してくれて。いつもの愛器に戻りました。

調子が悪いと、まず、自分を責める。どこか、自信が無くなってきているんだろうなあ。寂しいけど。そういうことです。

練習部屋に、本日のコンクールの審査員の稲垣先生がやってきました。


メンバー揃いまして、ホールにてリハーサル。すでにいー感じ。
「きっと本番では、もうちょっとこうなるから。」なんて先のことも考えられながら進みます。

そしてリハーサル室でさらに作り込み。あぁ、楽しいなあ。全身音楽の塊みたいな人たちばかり。

アレンジ上で、「うまくいくと良いな。」なんて思ってたところが、全部、思惑通りになりました。

会場で行われているコンクールの演奏が全て終わり、審査結果の集計タイムになると、自分たちの出番です。
結果が出るまでの30分間が、自分たちの演奏時間です。
くるみ割り人形、自分のオリジナル曲、そさてアンコールも含めて、おしゃべりを交えながら楽しくやりました。

まあ、喜んで頂けたのではないでしょうか。

無事に終了しました。


この編成で本番したということは、実はかなり大きな意味のあることなのだけど。どばーんと、動画でもアップしようとビデオカメラを持参したのですが、会場は、撮影禁止でした。残念!まあ、コンクールですからね。

ファイブベルズは、会場を後にして、大阪市内で打ち上げをしました。

楽しい話に華が咲いたのですが、真面目な話もたくさんしました。

このファイブベルズ、またコンサートをしようということになりました。

全国回れるようになるといいなあ!

あっという間に最終電車の時間になり、走って移動。


まんまと忘れ物しました。
  1. 2012/12/16(日) 23:46:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2910-e5676e70