GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

鬼頭ブラス学校公演

江ノ島の研修施設にて目が覚めました。



抜けるような青空!どでーん!と富士山がそびえたってます。
が、落ち着いて写真を撮る間もなく電車で二駅の小学校に移動しました。

ここは、鬼頭ブラスのトロンボーンの小林君が教鞭をとる学校で、小林君がずっと鬼頭ブラスを呼ぼうとしていたのが、ついに実現となったのです。

鬼頭ブラスに入ったときは、まだ大学生だったんですねー。懐かしい。
午前中の、入れ替え2公演でした。

まずは低学年から。かわいい反応が帰ってきます。
楽曲を聞かせるだけでなく、リズム遊びや声を出したり。
ぱっとバンドの方を見てみると、どこをとっても絵になるメンバーばかり。
それで、こども相手にバキンバキンに音楽をしているのです。
で、小林君のソロの曲なんかもあり。なんだか、感極まってなけてきてしまいました。

すこし休憩して後半は高学年の子達を相手に。
内容も少し変えています。

これが、ものすごい盛り上がり方をして。

子供たちは、自分で座布団を持ってきて体育館の床に座っていたのですが、終盤ではその座布団が飛び交い、最後の最後にはみんな立ち上がってステージのほうになだれ込んで来るという。

してやったりでしたが、先生方はヒヤヒヤしてなかったろうか。

無事に公演を終えて、クルマの置いてある江ノ島までみんなで電車で戻って。
夕方までゆっくりと過ごしました。

そして、初体験の新東名を通って、名古屋市内へ。
あれだけ長く感じていた静岡内の時間が随分と短く感じたなあ。

明日のライブ会場へ到着して、機材を搬入します。


そして、名古屋駅近くのお気に入りの台湾料理屋台で軽く打ち上げて。

10日ぶりの帰宅となりました。

あとちょっと!


余談ですが、江ノ島でトランペットの新玉くんが、からあげ棒を、チューバの西本くんが、グラコロバーガーをそれぞれ、屋外で食べているときに、トンビにさらわれたそうです。

ぼくも、何度かトンビと目が合って「あら。こんな近くに。かわいいなあ。写真に撮れないかしら。」なんて思ってたのですが、あれは、狙われてたのですね。

しかし、なんというかこう、トンビにも、隙のある人間というのが解るのだなあ。
海外で盗難に逢うタイプでしょう。
  1. 2012/11/16(金) 15:30:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2880-12d7312f