GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ブルースバンドリハーサル


来週に3連チャンでライブがある、ブルースバンドのホーンセクションのリハーサルをスタジオにて。
こんな、ステージがあって、ライブができるような部屋もあるんですねー。

ホーンセクションのアレンジとトロンボーンを担当してますが、曲数がすごい!
20曲!

ある程度、自由度のあるボーカルやリズムセクションの人たちと違い、ホーンセクションは一挙一動をピタッとあわせないといけないのです。

リズムセクションは、一人ひとりがソリストとしての個性を出してしのぎを削る、という雰囲気がありますが、ホーンセクションは、セクションとしてまとまって意思を出せて、初めてソリストと対等というようなところがあります。

全てのニュアンスや約束事を覚えられたら良いのですが、楽譜があったほうが便利なのですね。



1曲につき1枚ないし、2枚のパート譜を、20曲分用意すると、床は一面楽譜だらけになります。

リズムセクションの人たちがスマートに「ハイ、じゃあ、次この曲やりましょうね」と言うと、ホーンセクションでは

「あっ!それね!がくふーーー!えーと、さっき見たけど、えーと、どこ行ったかなえーと。」

(どんがらがっしゃーん!と譜面台が倒れる)

「あ!あった!これでしょ?え?キーが違う?え?夏祭りでやったバージョンて?」

「あ、こっちね!これね!あれ?2ページ目が無いよ!!どこ?」

(バサーッと部面が落ちる散らばる)

ということを毎回やるのです。移調やサイズ変更の対応とかもね。大騒ぎになるのです。わたしたち。

もう本当にごめんなさい。という感じです。


楽譜のことで、迷惑かけてますが、リハーサル自体は「もうちょっと重めで」とか「前のめりで」とか、そういうグルーブの種類の話ばかりしてるのです。こういうリハーサル、サイコー。
  1. 2012/10/15(月) 02:12:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2847-c8c08bea