GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

うらめしやーーーー!!!

台風が来ることは知ってたのです。なんだか勢いが強いことも風の噂で知ってたのです。

昨日、エビスカフェから「台風きますが、ライブどうしますか?」と相談の連絡があったのです。
お客様、一人でもいらっしゃったら演奏したいので「とりあえず、キャンセルはせず、開演時間までお店で待機させてください」との返信をし。。。


朝起きたら、まあなんともないでないですか。

午前中に、本日のライブ出演者のクラリネット奏者の瀬戸さん(大阪)から連絡があり「電車が止まらないうちに名古屋に出ます」との連絡が有り。

「ほいでは、お昼過ぎに名古屋駅で」ということになり。

天気、なんともないので、歩いてコンビにまでほんの用事のお遣い。宅急便出しにいきましたとさ。

でも、帰りには雨がぱらついて来たじゃないですか。

家に着くころには、どしゃ降りじゃないですか。

風も強くなってきたので、あわてて雨戸閉めるじゃないですか。

瀬戸さんを名古屋駅にお迎えに行くじゃないですか。

その途中にお店から中止の連絡くるじゃないですか。

名古屋駅で、瀬戸さんにその旨伝えるじゃないですか。

双方うなだれるじゃないですか。

瀬戸さん、駅のホームできしめん食べて新幹線で帰るじゃないですか。

ぼく、顔面の筋肉のコントロール失ったまま「ホゲーッ」と笑いながら家に帰るじゃないですか。

まあ、ふざけて書きましたが、こういうことは初めてで。

演者としては、どんな状況にあっても意地でも音を出したいのですね。
そこに冷静な判断というのは無いのだと思います。

その後、家でテレビをつけっぱなしにしていたら、その地域に避難勧告が出ました。

結果的に何事も無かったのでで良かったと思いますが、ミュージシャンの「天候大丈夫です!ライブやります!」という発言にはものすごい責任が生じますね。


その昔「大雨の影響で三河地方で土砂崩れの恐れがあります」とラジオで聞いて、面白がって猿投山まで見に行ってみたことがあるのですが、突き進んでいった林道の先で山肌がズルズルッと動いてるのを見て、尻尾を巻いて逃げ帰ったことがあります。あの時、ほんの一瞬遅れて土砂崩れになってたらオシマイでした。
  1. 2012/09/30(日) 22:56:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

とにかく文才がスゴい!失礼と知りつつフフフと笑わせていただきました。
  1. 2012/10/03(水) 16:48:25 |
  2. URL |
  3. まいね #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

実際に会うとこんなにしゃべりません。。。実際に会うと!?あー!うーー!!
  1. 2012/10/05(金) 16:01:58 |
  2. URL |
  3. 照喜名俊典 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2831-e732832d