GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

KABB!@Kuragari Sound Fes



あ!写真がコレしかない!

お昼前に名駅で鬼頭 哲 ブラスバンドメンバー数人ピックアップして。
向かった先は、岡崎市のくらがり渓谷。

キャンプ場の駐車場で開催されるミュージックフェスにブルン!と参加です。

「えー!こんな山奥まで来ちゃった!」と思う一歩手前の里山に会場はありました。民家大丈夫なのかしら。

これがですねえ、控え室がキャンプ客が使うロッヂ。
山里とあって、気温は多少低く、湿度はものすごく高く。さわやかに汗だく。

鬼頭ブラスでロッヂといえば、たくさんの思い出があります。
多治見で行われているお祭りに毎年出演していて、その宿泊拠点が山の上の研修施設のロッヂなのでした。

ああ、思い出すなあ。
ひとしきりはしゃぎました。

本番はもちろん屋外のステージでやるのだけれど、リハーサルがこのロッヂの中で行われました。

それほど広くもないので、メンバー全員立って譜面台立てて。
自分の中では、スピード感を取り戻すための時間というような感じで望んだのだけれど、この木製の建物の中での演奏というのがとても楽しくて。

木製の建物で高い天井とか、分析したらいろいろ好い要素はたくさんあるのだと思うけれど。
ミュージシャン同士の距離感だったかなあ。

とにかく楽しくて「ああ!またライブやりたい!これは観てもらいたい!」なんて思ったのでした。

夕方の本番までの時間はゆっくりと過ごしまして。

雨が降ったりやんだりの一日でしたが、本番はなんとか持ちこたえました。
フェスに来てるお客さんの顔って、なんだか違うなあ。なんだろうなあ。顔にシワが少ない?わからないなあ。

低レベルな話ですが、(2年くらい前から自覚あったかなあ)演奏の技術面でだんだんとできなくなっていっていたことを、一つ止めることができました。

ストップ!!誰にも何も伝わらないですが、自分にとっては大きな大きな土俵際でした。

これをどんどん上向きにしましょうね。
  1. 2012/09/16(日) 23:49:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2816-701b9cbb