FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

エビスカフェ

午前中は、月イチでやっている楽器練習会。アメリカで買ったものの、使い方が解らなくて放置していたエチュードなんて引っ張り出してみる。

ただ闇雲に書かれてることを演奏したってダメだなあ。なんだって同じか。

帰宅後、チラシ作ったりパソコン仕事したりしてあっという間にライブの準備の時間。
今日は、タンバリン博士ことたじやんとのライブ。
「2/3は、たじやんのコーナーでお願いします。アレもコレも持ってきてください。」とお願いしました。

アンプとかマイクとか機材満載の日で、何をどうもっていこうか考えて。自分の楽器を何を持っていくかも考えて。バタバタと積み込んで、出発。

名駅で、たじやんをピックアップ。ぼくは、たじやんを意識して、自分で持ってるいちばんの「何人か解らない系」の格好をしていったのに、たじやん、タンクトップにジーパンとブーツという爽やかないで立ちでした。

たじやんも、タンバリンなどの荷物が多くて、バタバタと準備して出てきたそう。「あまりにも準備点数が多くてこれなんて、空のケースだけ持ってきちゃった。」なんて大爆笑しながら会場へ。

セッティングして。セッティングして、共演曲をリハーサル。まさかたじやんがタンバリンでベースラインをとるなんて思わなかったから、楽譜なんて持ってこなかったんだけど。。。スペインのメロディラインをタンバリンでユニゾンしてくるとは思いませんでした。オープニングアクトのアゼイトーナとコイトリーニョさんから、ジャズの曲集を、借りました。

ボサノバユニットのアゼイトーナとコイトリーニョさんのオープニングアクトを聞きながら、受付嬢して。笑った歌声っていいですね。


満員のお客さんの前で、たじやんのコーナー始まりました。どちらかというと、コンサートを聞きにきたような雰囲気のお客さんでしたが、徐々にたじやんが雰囲気を崩していって。世界のタンバリンの実演。ただ解説するだけじゃなく、熱のこもった演奏も交えて。最終的には、お客さん全員にタンバリンを配ってのタンバリン教室も。これも、サイコーの内容でした。後半は、たじやんの、自作楽器のコーナーから始まって。こういうのって、ぼくは、完成した段階で満足しちゃうんだけど、たじやんは、これまたお客さんを唸らせるほど高いクオリティで演奏しちゃうんだから。

最後に、ユーフォとタンバリンで共演して。アゼイトーナとコイトリーニョさんも交えて演奏して。

楽しかったなあ。

実は、8月末に、浜名湖半の音楽フェスでたじやんとご一緒させていただくのですが、その前日、またたじやんがエビスカフェに来てくれることになりました。

8月24日(金)!

なにせ、今回よりもエスカレートさせたことをやらないといけないからねえ。これも楽しくなりますよー!

そして、来月のエビスライブは、お久しぶり、トランペット奏者の池下知子さんと、ピアニストの石原実恵さんとの三人です。7月22日(日)、こちらもぜひどうぞ!
  1. 2012/06/22(金) 15:39:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2730-1bb827e4