GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

リハーサルからライブで透明人間



午前中に、明後日エビスライブのリハーサル。
バイオリン黒田かなでさんと、クラリネット岡林和歌さんとの変則トリオです。
同じ時期に同じ大学で、同じようなことを学んで、今、3人で楽しく演奏できるのは幸せ!

ってか、和歌ちゃんは道踏み外さず、バリバリにオーケストラの仕事とかもしてますが。
ノリはこちら側(どちら側?)ですね。

順調にリハしてたら、かなでちゃんが「今晩、(鬼頭ブラスのパーカッションの)中西さんと、ぷよさん(居酒屋「なんや」店主)となんや、でソロライブするんだけど。バイオリンソロとかしたことないんだけど。」と言ってまして。

見に行くことにしちゃいました。


昼間の間に用事を片付けて。



なんやの周りは桜が満開。種類が違うのかな。



ぷよさんの演奏には時間間に合わず。到着したら、中西さんのソロ演目の途中でした。

カホンの上にパソコン置いて、スライドショーしてました。歴史のハナシ。パーカッション一つも叩かず。
自分の好きなことを懇々と語って、それをお客さんが「へー」と納得して聞いている図式というのは、これはアリですねえ。いや、実際楽しかった。

この「なんや」ですが、お客さんとしてよりも、パフォーマーとして来ることの方が圧倒的に多い、ヒジョーにお世話になっているお店です。居酒屋さんなので、食べ物やら飲み物注文したんですが、お店の人が、ぼくの目の前を通って「あれ?テルキナさんが居ない。」とウロウロしてるんですね。

どうも、そういうことが起こるのです。楽器持っていないと、姿が見えないみたいです。

中西さんの出番が終わりまして、休憩している中西さんに話しかけたら「あれ?いた?」と。

同じバンドメンバーでもある中西さんにも見えてなかったみたいです。


そして、かなでちゃんのソロはとてもとても良かったのです。
普段、自分でソロ演奏するときなんかは、「ちょっとコード感出したほうが良いんだろうなあ。」なんて考えて、なるべくアルペジオ組み込んだり、お決まりの「万国共通コード感フレーズ」みたいなものを織り込んだりしてるんだけど、そんなのいらないですね。単音でも。

そもそも「コード感」なんてもの自体、なんなのだ!自分のやりたいことを何の説明も沿えずにお客さんの前で堂々とやるという。言葉にしたら簡単で当たり前ですけどね。うん。もうちょっとこういう風でいいかも。ぼく。
  1. 2012/04/24(火) 16:07:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2670-e46fbcc9