GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

レコード発売ライブ

初めての試み!
JR高速バスで京都へ。2450円。
超特急とやらで、2時間ほどで着いちゃう。鈍行乗り継いでもそのくらいの時間と料金だなあ。うまいことやってるなあ。

先日、富安さんのライブを三重でやった時に、ツアーミュージシャン情報として、「京都行くなら、ポントチョーのカブレンジョーの前のラーメン屋に行くと良い」という、ほとんど「ハタボーダジョー」みたいな情報を得てまして。


入り時間が4時なので、2時過ぎには京都に着いちゃって、ラーメン食べに行って、お世話になってる楽器屋さんにお届けものしちゃうぜ!と思ってたんだけど。


電車とは違いますね。

高速バス、渋滞で一時間遅れました。

そんなもんですわ。

結局、昼ごはん食べれず。


今回の熊坂さんのユニットは、昨年9月にライブレコーディングした音源の発売ライブです。

なんと!完成系がレコードです!実際に手にしてみてわかるその凄さ!CDじゃないよ。レコードだよ。たまらんです。感激!

ライブは、まずこのレコードを一曲聞いてみる。というところから始まりました。それから、協力なメンバーが入れ替わり立ち替わり。一つのユニットから、いろんな組み合わせの音楽ができるというのはこれは紛れも無く得ですね。

ぼくのベース奏者の基準というのは、この熊坂さんになりつつあります。自分のCDで演奏してもらった、ベース奏者のにしやんと、しばらくベースデュオというのをやってたそうですが、それは見たかったなあ。楽しかったろうなあ。

リズムを体で表現してて、その体重の乗ったいちばん先っちょに、ベースが有るという感じ。多分、そこにベースが無くても音楽になってます。そのスピード感たら!

ライブは、興奮のうちに終わりました。

レコ発ライブって、その名の通り、レコード完成のお祝い&セールスみたいなところが有るのですが、今日のライブは、完全に「生で聞いたほうがそりゃええですわ。レコード?あったっけ?」みたいな演奏でした。あっぱれ!

終演後、ひとしきりおしゃべりしたのち、京都駅のバス乗り場へ。深夜便にて東京へ移動。気がついたら晩ご飯食べるタイミング逃していて、泣くなくコンビニでパンを買う。
  1. 2012/03/29(木) 11:52:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2642-df60257d