FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

Two Monks meet the Big Band

まあ、暇な時間ができて、つまらない正月番組をずっと見ていたら、「お正月のうた」が流れまして。
正式題名知らない。「とーしーのはーじめーの・・・」というヤツ。

なんとなく、
「これをビッグバンドアレンジにしたら、ウケるかなあ。」
などと思いたってしまって、チョロチョロッとアレンジを始めてしまった。

shougatsu_rs.mp3
四時間くらいやってたかなあ。

せっかくの休みなのに。
いや、アレンジするのは楽しいんだけど、もうちょっと別の正月の過ごし方があったかなあ。。。
せめて、需要のありそうな題材を選べばよかったか。。。
  1. 2006/01/02(月) 02:57:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

コメント

たしかに需要がないかもね。
  1. 2006/01/04(水) 14:50:59 |
  2. URL |
  3. nao #-
  4. [ 編集]

何が言いたかったかというと、
「何でもアレンジしますから、注文下さい!」
ということなんだけどね。

「一般的に」だけど、日本のビッグバンドは新作をやらな過ぎ。
  1. 2006/01/05(木) 01:19:50 |
  2. URL |
  3. ℡キナ #-
  4. [ 編集]

亜米利加では新作にも大いにとりくむんですか?
  1. 2006/01/05(木) 02:21:09 |
  2. URL |
  3. nao #-
  4. [ 編集]

亜米利加

大いに大いに取り組んでるよ。
小学校からビッグバンド部があったりするから、土台の広さが違う。学生でもいい曲を書く人が沢山いて、そういうものに積極的に取り組んでる。
大学が出すビッグバンドのCDなんてオリジナルばっかりだよ。

大御所のジャズ作曲家なんかも「自分は自営業者ではなく、教育者である」という認識が強くて、新作をバンバン大学のバンドにやらせたりしてるもんねえ。楽譜を寄付したり、共演したり。

「きちっ」と自分の専任の大学から給料貰ってるからできるんだろうけど。その辺はアメリカはいーなー。
  1. 2006/01/05(木) 22:00:02 |
  2. URL |
  3. ℡キナ #-
  4. [ 編集]

「春が来た」をアレンジというのは・・・

トランペット、トロンボーン、アルトホルン
ユーホ、チューバ、パーカッション

難しくなくて、インパクトがあって
かわいらしくて、ウキウキしちゃうような・・・
  1. 2006/01/06(金) 17:57:19 |
  2. URL |
  3. さくら #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/262-730e7d22