GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

JKウインズ最終日

宿舎で朝ごはんを食べて、チェックアウト済ませて外に出て見たら、昨晩は荒れていたのか、クルマがもみじまるけでした。会場へ向かう山道も葉っぱまるけです。

朝から、本番通りのリハーサル。曲も全て通しました。町の演奏家の皆さんもしっかりワルツやらポルカのリズム感が体に染み込んでいるようで、ヤイトラーさんが20年以上の時間を費やしてきた、長い時間の重みを感じます。リハーサルの進め方や、雰囲気の作り方なんかも、もう感動してしまうほど、暖かいんです。そりゃあ、良い演奏になりますよ。
これが、さらに高校生や、小中学生に受け継がれていきますように。
リハーサル終えた時点でかなり疲れておりましたが、休憩時間、休まず。ちっとも休まず。抜けがけしてお蕎麦食べに行って、帰ってきてからもなんだかテンション高く、ずっと喋りっぱなしの笑いっぱなし。チューバ谷口とユーフォ小久保さんの3人で、恐らく他の人が「なんだあいつらは」と呆れるくらい笑ってました。あのテンションはなんだったのかなあ。。。

本番、一部はポップスなどの日本の歌の演奏。二部は、ワルツ、ポルカ、マーチなどの演奏。全部で何曲あったのかなあ?というくらい曲数多かったのですが、あっという間に終わった気分です。
終演後、ステージ脇で笑顔でヤイトラーさんが、出演者一人一人を労ってました。

本番終演後は、そのまま懇親会へ。これがまた、いろいろな出し物があって、毎回楽しみなのです。自分達も演奏して。ほんとは、もっとおしゃべりしていたかったのだけれど、こちらもあっという間に時間が過ぎでしまうんだなあ。

これ、今回は、夜19:00に解散なんですが、その予定を聞いたときには?「え?もう一泊して呑んで遊んでいけということか?やったー!」と思ったんですが、なかなかそういう訳にもいかず。メンバーと楽器を満載して浜松市内まで帰りました。帰りの車内も笑いっぱなしで、最後の最後まで、ほんとに笑いが絶えず。

夜は、友達のカフェにてお世話になりました。

今回も楽しかったなあ。ありがとうございました。
  1. 2011/12/03(土) 15:22:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2527-d500ed7d