FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

裏ボサナイト



我が家から徒歩5分のところにワインと葉巻の専門店があります。

橘屋(たちばなや)

ここのマスター(マスターじゃないけどそう呼びたくなるなあ)が大のボサノバ愛好家で、お店の一角がライブコーナーになっています。そのマスターとボサノバ仲間が集う会に行ってきました。2回目。

おでん食べながら、ワイン飲みながら、輪になってボサノバ演奏します。
男性メンバーがギター弾いて唄ってってやってるのに、対角線上の女性メンバーのお喋りが成立するような音量です。
まー、これがまったりと楽しいのです。

ぼくは、ブラジル音楽と言うのはショーロというジャンルのものばっかりにハマっちゃっていて、ボサノバは、ジャズを演奏する上でのリズムとかスタイルとしてでしかやってこなかったのですが、集まってる方々は、ぞっこんボサノバラブな人達で、ポルトガル語の発音で唄を暗記しているような人達です。(その覚え方の秘密を教えてもらいましたら、日本語のダジャレ変換でした。アッパレ!)

ゆったりとまったりと唄の会。たまに「うふふ」なんて笑いながら。
聴衆という意味でのお客さんはいません。みんな参加してます。

ぼくは、トロンボーンで参加。

曲、恥ずかしながらほとんど知りません。

「キーはDです」

と言われても、ボサノバはジャンジャン転調するので、ほとんど参考になりません。
後出しじゃんけんみたいに、ついていくのがやっとです。

トロンボーン吹けるだけでもてはやされてしまったんですが、ぼく、ものすごく浅いところでやってますから!
もっと純粋に音楽に浸るには、吹きモノ無しで、ギター&ボーカルで参加か。うん。次回はそうしよう。ナガブチ以来のギター復活か!
  1. 2011/11/16(水) 03:22:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2506-3fb227ea