FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

大好きなモノを見る人




先日、くにたち市でやりましたライブレコーディング「大福大録音」。
(CDでなく)アナログレコードをつくるためのライブをやりました。

そのプロジェクトリーダーのベーシスト熊坂義人さんから昨日、メールが有り。

・(先日レコーディングをした)ある曲に、お寺の鐘の音を重ねて入れたいので了承して欲しい。
・名古屋市内の、とあるお寺にある「歓喜」という鐘である。
・その作者はアノ芸術家である。
・現在は除夜の鐘でしか突いていないが、アポとったら、特別に録音と音源の使用の許可が出たので明日く予定だ。

という内容でした。

それで、その鐘についていろいろ調べているうちにハタと合点がいきました。

曲中に「歓喜の鐘が鳴る」という歌詞が何回も繰り返されていたのです。
レコーディング中は、ぼくはてっきり西洋風の「ガランガラン」という教会の鐘のことだと思っていたのだけど、これのことだったのかー!!

そんなね。誰かが命をかけて曲を作る題材になったようなものが見れるなんて。自分もそのレコーディングに参加してて、その命を張ったプロジェクトリーダーが、その現物を見に来るなんて。その現物が鳴るなんて!録音物の中で鳴るなんて!

これ、もし自分のプロジェクトだったら嬉しくて失神してますよ。
お寺側も、なんとまあ!心の拡いこと!(お寺の迷惑になると思うので、その辺りはご配慮お願いします。命がけが通じたんだと思います。)

そういえば、これの製作段階のミニチュアというのは、東京の記念館のテレビで何回も見たことあるなあ。まさか、こんなところに実物があるなんてねえ。

こんなに感動することはないですよ。命がけのゴイーンです。






ぼくは参加できませんでしたが、更なるテイクがあります。

その後は高いところに登って遊んだりして。
moblog_39e461e5.jpg
  1. 2011/10/19(水) 20:02:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2476-8b476bb3