FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ユーフォチューバフェスティバル当日!

朝9時の入りということで、8時くらいには家を出て。
クルマです。栄は打ち切りの駐車場が少ないので、ちょっと早めに出て、駐車場探しから始め。

会場から15分も歩くところにクルマを止めて会場入り。
もうスタッフの皆さんも揃っていて臨戦態勢です。

どんどん会場を仕込んでいきます。ぼくは、受付周り、物販テーブルを作ったり。

演奏会やったことある人なら解るかと思うんですが、当日って、通常の精神状態じゃないので、いろいろとミスするんですね。まず、携帯忘れた。こんな大事な日に。あと、取り置き分チケット忘れたり。一度、ぽんとどこかにモノを置いてしまうと、それを探し出すのにものすごい時間がかかったりして。なんど、楽器を探しに走ったことか。

こういうの、早くなんとかならないかなあ。性格なんだろうなあ。ならないだろうなあ。

12時前に大阪から、ユーフォチューバアンサンブルさんが到着しました。

来週は、なんとチューバマンの主催で、大阪でユーフォチューバフェスがあるのですが、そちらのフェスティバルから、アンサンブルが応援に駆けつけてくれたのです。嬉しいですねえ。

オープニングと同時にロビーで演奏してくれました。
これがですねえ。ものすごく良い演奏でした。

実は、あらかじめ「こうこうこういう雰囲気の演奏が多いので、こうこうこういう雰囲気の曲が良いと思います。」とリクエストはしておいたのだけれど。会場の雰囲気ともバッチリマッチして。

展示ブースがオープンしてから大急ぎで大合奏のリハーサル。チューバマンショーは、ファンクの名曲「チキン」でソロを吹きます。その辺りのマイクや機材の調整は、大学の先輩で、現在は録音技師をしている方がやってくれました。心強かった!

リハーサル終了してから、コンサート第一部が終わるまでの間に、チューバマンショーゲリラライブ。
人ごみの中を演奏しながら通り抜けて、ロビーで演奏。いやー、気持ちよかったですねえ。

コンサート第一部は、ぼくは外でスタッフやりながらスピーカーから流れてくる音を聴いてましたが、「え!いい演奏!え!?みんなこんなに高い音でるの?」と驚くことたくさん。できればホールで、演奏者さんの顔見ながら聴きたかったなあ。そして、「チョットチョット。あなた、バンドやりませんか?」なんて声かけたかったなあ。

その後は、大学の先生の「マウスピースと楽器の相性を探る」という講義がありまして。
これも、スピーカーからの音のみ聞きながら働いておったんですが。誰かビデオ撮っていないかしら。。。

講義の後に、もう一度、ゲリラライブ。
チューバマンショーは、二人ともヤマハユーザーなのですが、ライブの場所に陣取った後ろがたまたまヤマハのブースで。っていうのは嘘ですが。ヤマハさんから新製品を借りて演奏したりしました。

さらに外の夜景がすばらしく「かに本家」のネオンサインがギランギランと。
こらまた気持ちよく演奏できました。

コンサート第二部、ゲストのお二人の演奏。
こらまた、ぼくは控え室のスピーカーからの音しか聴けなかったんだけど。
その音だけでもインスピレーションが沸いてくるような感じでした。
ヤングのみなさまは、こういう音を目指してね。トロンボーンとか違うからね。

そして大合奏。
酒井格さんの新作、ものすごく良くて。じぇんじぇんモコモコしてなかったなあ。すごいなあ。
50人くらいいたのかな?出演者の右半分が、ミュートを装着するようになっていたのですが、そのミュートをつける部分になったら、客席からドヨメキが起きました。そんなにすごい画になったかな。おもろいねえ。

そして、ガーシュウィンポートレート。これは、音域高めの長目の大作でした。この人数でやると痛快ですな!
しっかし、みなさん、高い音でますなあ。ぼくが学生の頃なんて。。。今でもズルして出してるもんなあ。まあいいか。

そして、チキンでは、チューバマンショーの登場。伴奏に大人しく吹いてもらいたくなかったので、マイクとアンプを使いました。いー感じに雰囲気変えられたのではないでしょうか。

そしてそして楽しくマーチしまして。すぐ横が大学の恩師で、ガチガチになりましたが。

無事に全ての予定を終えて、荷物もエイヤッとクルマに積み込んで打ち上げへ。
楽しい打ち上げですが、まだまだ事務仕事が待ってる感があったので、そして、大荷物を積んだクルマもあって、お酒は飲めず。。。

来週、大阪へ行く段取りとか組んでいたんですが、大学の恩師が横に来てお話を。
ぼくはずっと大学や先生には迷惑をかけてしまったので、こういうところで活動するのをずっと申し訳なく思っていたのです。留学先から帰国してからは、ほんとうは、こういうところからは離れて、独りでなんとかやっていくつもりでした。でも、いろいろと周りのお力を借りることになり。一度きちんと先生の元を訪ねて「在学中はご迷惑おかけしました。」とお詫びに行くつもりで、なかなかいけなくて。
今回、先生の方から声をかけていただきまして「もっと自信を持ってやりなさい」と。泣きました。

結局、部屋の隅で、大阪へ行く段取りやリハーサルの日程なんかを決めていたら時間切れ。
ゲストの方やその他、まだ喋ったことない学生さんなんかもたくさん居たのに。残念。

チューバマンや遠方組みの人達を連れて帰宅。ようやく乾杯できました!

フェスの写真が無いのは、携帯忘れたせい。
  1. 2011/10/01(土) 20:07:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2459-6eef7a0f