FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

インストアライブから小川軒

ギタリスト水野啓くんと、名古屋市伏見のヤマハにて、インストアライブ。連日のライブでちょこっとくたびれていたのだけれど、啓くんがいろいろと気を遣ってくれまして。こういうのいいですね。
集中してるときに放っておいて貰えるとか。それだけでかなり回復できました。

普段、やっぱりヤマハには、楽譜を買いに行ったり、デジタル機器なんかを見に行ったりすることは多いんだけれども、演奏者として行くと、全然視点が違います。

ステージの床の材質やら、天井の高さなんかに目が行くというか。

ちょろっとだけサウンドチェックしてリハーサルして。

控え室でヤマハの方やレーベルの担当の方と楽しくおしゃべり。
「いつでも使ってください」なんて言っていただけまして。

普通の管楽器奏者よりは、不特定多数の人に向けて自分の音楽を発信しないといけない立場なので、そりゃあもう何度でも使わせていただきたいです。

30分ずつのライブを2回。短い時間でしたが、想いを込めて演奏しました。

そして、啓くんと大須でご飯を食べて、そのままいりなかへ。

洋食屋さん、小川軒で引き続き、デュオでの演奏です。
こちらは、お食事のBGMということで、「そろりそろり」という気配もあり。

久しぶりにスタンダードジャズナンバーをやりました。みんながジャムセッションに持ってくる青い本で。
ぼくは、アレ、持ってないのです。今更というかなんというか。

でも、なんだか昔を思い出して楽しかったなあ。
苦手意識のあった、頭脳系ジャズピアニストの作った難解な曲とか、昔は出来なかったのになあ。

唄や弦楽器、その他もろもろの管楽器以外の人と随分と長いこと演奏するようになって、シャープ系のコードにも随分と抵抗がなくなりましたわい。

長い間、演奏してきましたこの小川軒ライブも、ひょっとして今回が最後かもしれないということで、いきなり寂しくなり、終演後も長居してマスターとおしゃべりしました。
  1. 2011/04/02(土) 18:17:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2260-4917b3c3