FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ポリゴン楽団




エビスカフェpresentsミュージックライブ、今回のバンドは、ジャズピアニスト奥村俊彦さん率いる、童謡、民謡を題材にしたジャズバンドポリゴン楽団。

サックス、トロンボーン、ピアノ、ベース、ドラム。

普通のジャズバンドですが、エビスカフェではかなり編成が大きいほうでした。
今回も、オープニングアクトを勤めてくれました、低音楽器界のアイドルユニットさん。
毎回違うネタが増えていております。
毎回、違うミュージシャンが見ることとなるわけですが、みんな「お、いいね。」と口を揃えて言うので、なんだか自分がなんかやってるような気になってしまいました。


リハ後、しばらく「うーん。。。」と曲順を悩む奥村さん。
メンバーとしては、早く譜面台に楽譜を並べて安心したいのですが、オヤブンは「どんなお客さんが来るか見てから。。。」と言っておりました。

もうちょっと若かった頃は、焼肉屋さんで普通のお客さん相手にソロ演奏をしていた身としては、ものすごくその気持ち解るのです。一旦決めておいた曲順を、ステージ中にコロコロ変えることもよくあります。そういうことをしない人もおります。

題材は童謡、民謡だけれども、中身はまるっきりのジャズバンド。
自分がリーダーというわけでもなく、ライブのリズム雰囲気を壊していけないと思い、なるべく喋らないようにしておりましたら、何回もエビスライブに来てくださっているお客さんから「今日はクールな感じで雰囲気が良かった」というような内容(多少、良い方に誇張して言っております)のことを言われました。ジャズだけやっていた頃はまるっきり喋らなかったので。えらい変わりようです。今後の方針にどう参考にすれば良いのやら。


ちびっ子からお年寄りまで、幅広い年齢の方に聞いていただけました。
ちびっこは、童謡なんかの知っているメロディのところだけ反応したり、優雅に唄ったりして楽しそうにしているのかなあ、と思ったら、激しいアドリブの応酬のようなところでも踊りだしたりして。
「煙を燻らせてたまに『イェーイ』と言うジャズおじさんのための音楽だったらもったいない」というのは、これはもう強烈に実感したのであります。


ライブ終了後、楽団員(ポリゴン楽団だからね)で、ご飯に行って、ゆっくり話しました。
音楽家にできること。ライブを自粛することが良しとされる風潮。などなどについて。
音楽の分野に限らず、判断基準はきっとなんでも一緒。
  1. 2011/03/18(金) 01:31:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2242-07b837a1