FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

富安秀行さん三日目





朝起きてまたまた浜名湖畔ワッツの宿泊部屋。みなさん、かんぽの宿にお風呂に入りに行くと言うのだけれど、ぼくはすぐノボセる性質なのでパス。一人で散歩。実はクルマでワッツに来る途中に気になる山の小道を見つけていたので。

10分ほど歩いて小道に到着、スタスタと上っていくと10メートルほどで急に道が曲がって桜の木があって終了。冒険はほんの5秒で終了したため、宿泊部屋に戻ってふて寝。皆さんの帰りを待つ。

お昼過ぎに浜名湖ワッツを後にして、一路豊橋へ。向かうは、ヤマサのちくわ本社工場。

その前にうどん屋さん。なんでも、豊橋では豊橋カレーうどんなるものを作って町興ししてるそうで。富安さんもキャンペーンソングで応援してるそうで。というか、後でその歌、演奏します。ご飯、とろろ、カレーうどん、うずらのタマゴが一つの丼に入っているのが豊橋カレーうどんの条件で、あとはお店によってバラエティーが違うそうです。

石川県能登半島でも、能登丼というのをやっていて海辺のレストランで「海鮮、海鮮!」と呪文のように反復しながらお店に入ったら能登牛丼だったことがありますが、枠は、これだけきっちり決まっていたほうがいいですね。

いよいよヤマサの工場へ入って、バイオリン、黒田かなでちゃんも合流して、炎天下のステージで短く確認程度のリハーサル。スチールパンは、ものすごくデリケートな楽器で、本来は炎天下での演奏はNGだそうで意外。社員さん手づくりの地域還元型のお祭り。真剣に社員さんと進行の打ち合わせなんかしていても「ちくわのダンスが」「ちくわの人が」とか言うのでニヤニヤしてすみません。

夕方からお祭りが始まるとものすごい人出で。そうか。去年は天気悪かったからね。ぼくも、ちくわの屋台を堪能。

すっかり涼しくなった夜8時から緩急自在のステージを。黒田かなでちゃんは晴れてボーカルデビュー。ヤマサの売り場で流れてますので。ちくわダンサーズとの共演もあり盛り上がりました~。


このヤマサ夏祭り、新入社員のダンス披露というイベントがあるのだけれど、まだあどけないような顔をした新入社員さんが毎年、チームを組んで踊るのですね。きっとこの地域で育って子供の頃からこのお祭りに来てるような人達です。このダンス見てると何となく解るんだけど、そんな人達が、地域に根付いた会社で優しく育てられると、今日、ずっとお世話してくれている、まだ若いのに、ハキハキと笑顔で丁寧に接してくれる(マニュアル言葉なんて喋らず自分できちんと状況判断ができるような)気持ちの良い人になるんだろうなあ。

そんな心温まるお祭りを後にして。明日は「近所」と言っても良い、愛知県勝川のカフェでの演奏ということで、一旦帰宅。

夜中に謎の断水。

「まあ、明日になったら治ってるかも~。かもかも~。」と就寝。
  1. 2010/08/07(土) 00:24:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/2020-aa51c56b