GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

北海道六日目:チキチキ観光から札幌公演

午前2時に室蘭のネットカフェを出発。5時間ほど仮眠しました。タカシくんはネットカフェ代節約のため、クルマで寝る。
サックスのまっちゃんが運転して、ぼくはまだ眠いので後部席で爆睡。

午前5時にバタンと到着したのは、小樽でした。あら?札幌に向かってたのかと思ってたら。
ああ、そうですかそうですか。と気持ちを切り替えて小樽観光。といっても建物はなにも開いていないので外から古い建物を見るだけ。写真撮るだけ。でも満足。古い建物、いーねー。北海道に入ってから、古い民家とか見れるかしらと思っていたけども、どうやら古い民家というのはもうすでに朽ち果てているようで。普通に人が住んでいるような建物はキチッとした現代の建築なのでした。杉板が貼ってあるような古いお家での生活は、もう本当に過酷なんだろうなあ。


DSC01982_R.jpg

DSC01981_R.jpg

ボーカルのたかしくんについては、ずっとクルマで寝ていて、小樽にいたことも知らなかったようです。可哀想なので、小樽の街並みとタカシくんの記念撮影。

DSC01985_R.jpg



午前6時小樽を出て。こんどは僕が運転。ここまで来たら、全力投球でさらに遠くまで行きますゼ。
ものすごい山道を抜けて午前8時に積丹半島に到着。タカシくん、ようやく起きました。
駐車場から海岸に出る前にトンネルがあるのがミソ。これは期待高まります。

DSC01994_R.jpg



トンネルを抜けると!

DSC01995_R.jpg




崖を降りて海岸で遊ぶ。これは綺麗。

DSC01997_R.jpg



12時過ぎにまっちゃんは札幌市内に戻らないといけないのだけれど、さらに「もうちょっと先にもうちょっとさきっちょがあるから」と9時過ぎにさらにもうちょっと先っちょを目指して移動。

午前10時に神威半島に到着。なんだか、先ほどの観光地もなんだけど、ものすごく歩かないといけないんだなあ。
あんまり時間がないからと、バキンバキンに日差しを浴びながら、がんがん先っちょ目指して歩いて、さきっちょ満喫!

DSC01998_R.jpg



先っちょ!

DSC01999_R.jpg



先っちょつまむ!

DSC02001_R.jpg

先っちょに立つ巨人!

DSC02002_R.jpg

先っちょで何か訴える巨人!

DSC02003_R.jpg

海、青い!沖縄だけじゃなかったんだねえ。

DSC02005_R.jpg

先っちょのポーズ。きっと驚くほど観光客がいなかったんだとおもう。週末はこんなことできないだろうなあ。

DSC02006_R.jpg

人とすれ違うのも大変な、稜線上の細い観光通路です。

DSC02015_R.jpg

またガシガシ歩いてクルマまで帰ってきて午前11時神威半島発。

13時に札幌に帰ってきてキコキコさんで荷物と楽器をピックアップして。別れを惜しんで会場入り。
ここで、ギターのたくくんと、ピアノのともかさんと合流。

ここでキコキコさんに靴を忘れてきたことが発覚。また戻りましたらば「タイミング良かった!」と、たまたま来ていた地元のチューバ走者さんと会いまして。ものすごい盛り上がりまして、次の機会につながりそうな感じです!

201006151356_R.jpg


「クラクションを鳴らすまでも無い相手用ホルン」だそうです。車内までホースが延びています。きっとウマが合いますね。

17時にほんとうに会場に入り、リハーサル。マスターがニコニコしながら見てくれています。

19時半に本番スタート。今回は、バンド名を照喜名俊典ジャズカルテットにしてしまったんだけど、ボーカリストさんがいるもんねえ。実質のアタマはタカシくんです。ボーカルの曲を中心にやりました。二日前に、札幌にいることが発覚した、テキサス時代のお友達ミュージシャンも参加!

DSC02018_R.jpg


21時半に本番終了して、中心部からちょこっと離れたともかさん宅へ移動。

ここで熱烈なごちそうおもてなしを受ける。

アスパラのことをアスッパラと言ってたのが可笑しかったなあ。
  1. 2010/06/15(火) 22:30:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1963-658cecc3