FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

北海道三日目:移動&札幌公演

朝早く起きて、ホテルのすぐ近くのレンタカー屋へ。

ここからハイエース3台で札幌への移動です。
遠軽のすぎっちょさんと「また、来週お願いします。」とお別れをした後、一路札幌へ。
車内は基本的にわいわいと。女子が多いので、サービスエリアでは、いろんなスイーツがちょびちょび回ってきました。

moblog_01f1dbb9.jpg


ふと車内がテレビ番組「水曜どうでしょう」の話題になったときにボーカルのたかしくんが、がっつり食いついてきて、笑えました。人それぞれ、いろんなツボがありますねえ。

札幌の会場は廃校を利用した文化施設。最近、こういうの多いみたいですね。
ささっとサウンドチェックとリハーサルをして。
今回、共演させていただくことになってます、ドラムサークルの方の簡単なパーカッションレクチャーなんかも楽しく受けました。

そして、本番までまだ時間があったので、メンバー有志でジンギスカンの会へ出発。
タクシー移動となったんだけど。ここで、テンションがガツーン!とあがる発見が。

いろんなツボに関連するんだけど、ぼく、タクシーの機構がなぜか大好きで。
後ろにプロパンタンク積んでいることろを始めとして。

いちばん好きなのは、後部座席のドアを開けるしくみ。
これ、本来は床の下をクランク機工が走っていて、運転手さんが右手でレバーで操作するものだったのですね。
それが、大阪で1985年にタニタ式油圧シリンダーが発明された以降は(まるっきりうそですよ)手元のスイッチでドアの開閉がなされるようになったのです。

手動のときは、運転手さんの感情の動きによってドアの動きにムラができていたのですね。
それを見るのが好きで好きで。(タクシーなんてほとんど乗らないですよ。見てるだけ。)

名古屋では、ほとんど油圧式になってしまっていて。
それが、ここ札幌で見れたわけです。

興奮して興奮して、身を乗り出して、右手の動きやらいろいろ監察して「ほら!ほら!」とひとに説明するのだけれど、まるで伝わらず。いいんですいいんです。


ジンギスカンの会、ものすごく堪能しました。でも、隣の席でチューバの高橋君が絶好調だったので、かなり高くつきました。肉は2切れくらいでよかったかな。


DSC01955_R.jpg


生まれてこのかた一番良い笑顔の高橋君

DSC01960_R.jpg


そして、またかわいいタクシーで会場へ戻り、全員でものすごく気合の入ったテンションバキバキの状態で本番に臨む。というのはウソで。みんな幸せ過ぎで、本番直前までダラダラでした。控え室がカーペット敷きというのは危険です。

ステージに出たら、みなさん戦闘モードに切り替わってましたけどね。

狭い会場で、すぐ目の前にお客さんがいました。目が何度もあって、それだけで気持ちが通じるような距離。
こういうのが気持ちよくてステージに立っているようなもんです。

終演後は、急いで会場の撤収作業をして。
打ち上げへ。

長い間、鬼頭ブラスの制作(プロデュース)を担当していただきました方が、今回でとりあえず終了ということで、じわっとオシボリで目頭を押さえる飲み会となったのであります。

夜は、今回の札幌公演の企画運営で大いにお世話になりました、カフェと豆本のお店「キコキコ商店」にて更なるお世話をいただきました。
  1. 2010/06/12(土) 20:22:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

油圧シリンダー
  1. 2010/06/15(火) 06:18:22 |
  2. URL |
  3. 主婦 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

油圧シリンダーの角度もバッチリ見ておきましたので!
  1. 2010/06/25(金) 01:01:30 |
  2. URL |
  3. 照喜名俊典 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1961-8f57e9c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。